デジタル糖尿病管理の市場規模、2027年に255億米ドル到達予測

デジタル糖尿病管理の市場規模は、2022年の143億米ドルからCAGR12.2%で成長し、2027年には255億米ドルに達すると予測されています。糖尿病の有病率の上昇に伴い、糖尿病治療のためのより良いソリューションの開発と導入に注目が集まっています。また、技術の進歩により、柔軟性の高いソリューションの市場導入が確実視されています。クラウドベースの企業向けソリューションの採用が進んでいることや、接続デバイスやアプリの利用が拡大していることも、市場の成長を支える主な要因のひとつです。一方、デバイスコストの高さ、発展途上国における保険償還の欠如、従来の糖尿病管理デバイスの高い受容性などの要因が、今後の市場の成長を抑制することが予想されます。

COVID-19のデジタル糖尿病管理市場への影響

デジタル糖尿病管理市場は、2020年初頭にロックダウンと検疫制限により、世界の多くの地域でほとんどの病院&糖尿病専門クリニックと学術・研究機関が閉鎖されたため、COVID-19パンデミックのマイナスの影響を受けました。このため、必要性のない処置はすべて延期され、この間、外来患者数は大幅に減少しました。その後、市場は2020年第3四半期から緩やかに成長し、2021年第1四半期以降はCOVID以前の状態に戻ると想定されました。

牽引要因 : 糖尿病の有病率の増加

WHOによると、糖尿病は2030年までに死因の第7位になると予想されています。その主な危険因子としては、ストレス、座りっぱなしの生活、不健康な食事、肥満などが挙げられます。また、加齢に伴う生理的な変化も、糖尿病のリスクを高める大きな要因となっています。例えば、国際糖尿病連合によると、糖尿病の有病率は年齢とともに増加するとされており、推定有病率が最も高いのは65歳以上の高齢者です。

2021年の糖尿病推定値では、年齢別有病率が増加しており、2045年についても同様の傾向が推定されます。糖尿病有病率は、20-24歳の成人では最も低く(2021年では2.2%)、75~79歳の成人では、2021年時点で24.0%、2045年には24.7%に増加すると推定されます。これらのデータは、今後25年間に老年人口が多い国々で糖尿病人口が大幅に増加することを示しています。老年人口と主要なリスク要因にさらされる人口の増加により、市場全体でデジタル糖尿病管理ソリューションの需要が高まると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]