インテリジェントプロセスオートメーション(IPA)の市場規模、2027年に259億米ドル到達予測

インテリジェントプロセスオートメーション(IPA)の市場規模は、2022年の136億米ドルからCAGR13.8%で成長し、2027年には259億米ドルに達すると予測されています。

COVID-19のインテリジェントプロセスオートメーション市場への影響

COVID-19の大流行により、金融機関は、規制遵守の管理において多くの複雑さに直面しているため、デジタルトランスフォーメーション戦略を再考するようになりました。オンプレミスシステムへの依存により、規制文書が働かず、コンプライアンス違反の発生と、さらなる罰則を受ける可能性があります。インテリジェントプロセスオートメーションをいち早く導入した金融機関は、このような経済の混乱を乗り切ることを可能にし、その結果、業界全体における新しいテクノロジーの導入に注目が集まることになると思われます

牽引要因:RPAの採用拡大

RPA(ロボティックプロセスオートメーション)は、企業における手作業によるデータ入力作業を自動化する技術であり、人手を必要としません。AIは、過去のデータモデルを分析し、そこから学習することによって、情報を取り込み、インテリジェントな意思決定を行う自己学習ネットワークを持つニューラルネットを使用します。ML、AI、コグニティブラーニング、RPAは合わせてIPAワークフローを構成しています。したがって、RPAの台頭はIPAの需要増につながります。RPAはスピードと効率化を実現します。人間の行動を模倣するロボットを導入することで、あるシステムから別のシステムへデータを再入力するような、手作業で手間のかかる作業を軽減することができます。AIは、人間にはできない方法でデータを分析し、そのパターンを認識し、過去の判断から学習して、インテリジェントな選択を可能にするため、新たなレベルの思考をもたらします。IPAは、書類の仕分け、データ入力、情報の検証などの人的要素を排除することで、書類処理時間を最小限に抑え、引受段階での時間を短縮することができます。

抑制要因:高度なスキルを持つ人材不足

新たに自動化された業務モデルを運用するためには、熟練した労働力が必要であり、RPAやAIのスキルを持つ人材を見つけることが重要です。これには、技術的なスキル、組織の業務プロセスの理解、組織を未来に導くための経営ノウハウなどが含まれます。自動化を開発するための人材の導入やスキルアップは通常、最優先事項ですが、継続的なメンテナンス、サポート、トラブルシューティングに人材を配置することも重要です。McKinseyによると、IPAソリューションを導入するための熟練労働者は、米国で25%、欧州で27%、アジア地域で31%不足していると報告されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]