医療用クラウドコンピューティングの市場規模、2027年に894億米ドル到達予測

医療用クラウドコンピューティングの市場規模は、2022年の394億米ドルからCAGR17.8%で成長し、2027年には894億米ドルに達すると予測されます。医療用クラウドコンピューティング市場の成長は、主にCOVID-19によるEHR、電子処方、遠隔医療、mHealth、その他の医療用ITソリューションの採用拡大、ビッグデータ解析、ウェアラブル端末、IoTの採用拡大、ヘルスケア業界におけるクラウド導入の増加、クラウドコンピューティングが提供するデータの優れた保存・柔軟・拡張性、新しい支払いモデルの普及とクラウドによるコスト効率、医療給付制度設計の動的性質などの要因に牽引されています。一方、データとセキュリティに関する懸念や、クラウドデータセンターに関する複雑な規制は、市場の成長をある程度抑制すると予想されます。

COVID-19による医療用クラウドコンピューティング市場への影響

過去数ヶ月間、COVID-19の大流行により、多くの人々の生活やビジネスが前例のない規模で動揺しています。しかし、クラウドコンピューティング業界は、この出来事からより強く立ち直った分野と言えます。多くの組織が円滑な運営を困難に感じている中、クラウドコンピューティングのインフラを選択した企業は順調に機能しています。クラウドサービスを利用することで、遠隔地での仕事の不便さを解消し、コミュニケーション、コラボレーション、すべての仕事のモニタリングが可能になり、従業員が自宅で安全に働くことができるようになります。

特に、データが重要な資産である医療業界では、データの保存と管理にコストがかかるため、高価なサーバーの設置に伴う追加出費がかさみます。クラウドコンピューティングは、その拡張性により、手間のかからないデータの保存とバックアップを支援します。また、クラウドを利用することで、多忙な日々の業務を軽減することができます。さらに、今回の大流行では、多くの医療関係者がビデオ会議や電話による診察を行っており、この分野の成長が大幅に伸びると思われます。社会的距離を置くための措置として、症状の軽い患者には遠隔診療を選択することが義務付けられています。

牽引要因: EHR、電子処方、遠隔医療、mHealth、その他の医療用ITソリューションの採用の拡大

世界的に、がん、CVD、糖尿病などの慢性疾患の有病率は、過去数十年の間に著しく増加しています。WHO(2016)によると、CVDは世界的な死因の第1位であり、年間1,730万人の死亡を占めています。この数字は、2030年までに2,360万人超に増加すると予想されています。このうち、冠動脈性心疾患による死亡は740万人、脳卒中による死亡は670万人と推定されています。同様に、GLOBOCANによると、年間新たに診断されるがん患者数は、2012年の1,410万人から2025年には1,930万人に増加すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]