自動乗客カウント(APC)システム・乗客情報システム(PIS)の市場規模、2027年に125億米ドル到達予測

自動乗客カウント(APC)システム・乗客情報システム(PIS)の市場規模は、2022年の80億米ドルからCAGR9.4%で成長し、2027年には125億米ドルに達すると予測されています。自動乗客カウントシステム市場の主な推進要因は、フリートオペレーターから政府機関への乗客数データの定期的な報告に関する政府規制です。政府機関は、乗客の公共交通機関に対する要求を把握し、地域開発計画を実行し、通勤傾向を分析するなどの目的でこのデータを使用しています。

COVID-19が自動乗客カウントおよび乗客情報システム市場に与える影響

COVID-19に対処するために課された各国政府の規制が、旅客情報システム市場に影響を与えました。規制の中には、製造施設の完全閉鎖や労働力を制限した操業、渡航制限などがあり、この規制により世界のサプライチェーンが混乱し、企業の生産能力にも影響が及びました。旅客情報システムの需要は、COVID-19がエンドユーザーのアプリケーションに与えた影響により減少しました。

牽引要因:自動乗客カウントシステムによる交通機関の運営コストの最適化

交通機関の競争が激化しているため、交通事業者は乗客に低コストで信頼性の高い交通サービスを提供し、互いの競争力を高める努力を行っています。運行コストの最小化は、企業の経営効率を高めるための重要な要素の一つです。収益を最大化し、運営コストを削減するために、交通会社は、交通量の多い路線に十分な車両を配置し、空車を出さないように、最適な頻度で輸送車両のスケジュールを組む必要があります。乗客の移動パターンを正確に把握することは困難ですが、過去の乗客データから、運行コストを削減し、リソースの使用を最適化するためのルートと、車両の時間帯を簡単にスケジューリングすることができます。

抑制要因:発展途上国における認知度の低さ

先進国では急速に成長している自動乗客数計測システムですが、発展途上国では普及が進んでいないのが現状です。連邦政府や州政府は、交通機関のパフォーマンスを評価し、特定地域の交通機関に対する需要レベルの一般的なシナリオを提供するために、乗客数のレポートを要求しています。サービスプランナーやスケジューラーは、乗客の交通量に基づいて輸送車両のルートを変更するために、詳細な乗客データを使用します。時間関連データは、乗降客数データと組み合わせて、運行中の車両の走行時間やスケジュールの遵守を監視するために使用されます。とはいえ、利用者データの手動収集は時間とコストがかかり、通常、数日分のデータを提供するのに役立つ程度と言えます。しかし、予算の制限や技術に関する認識不足のため、乗客のデータは通常、訓練を受けたチェッカーが手作業で一部の期間に収集しています。したがって、測定は、選択されたチェックポイント(例えば、最大負荷区間)においてのみ、または1年のうちの数日間、数時間にわたるトリップのサンプルに対して行われます。トリップのサンプルを調査する場合、ライドチェックによってルートの負荷プロファイルを構築することが可能ですが、正確さが保証されないため、発展途上国は自動乗客カウントシステムを学ぶ必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]