プロジェクトポートフォリオ管理の市場規模、2027年に65億米ドル到達予測

プロジェクトポートフォリオ管理(PPM)の市場規模は、2022年の47億米ドルからCAGER6.7%で成長し、2027年には65億米ドルに達すると予測されています。プロジェクトポートフォリオ管理は、プロジェクトの目標とビジネス戦略の整合、意思決定への情報提供、プロジェクト選択プロセスの改善、リスクの最小化、ビジネスインパクトの最大化、企業全体のリソース利用の最適化、時間内・予算内でのプロジェクト遂行、ROIの向上、チームコラボレーション強化による生産性向上、資産の作成、ベストプラクティスの共有に貢献します。

牽引要因:プロジェクトの運用とリソース管理における360度ビューの獲得

絶えず進化し、変化するビジネス環境の中で、プロジェクトをビジネス戦略と整合させることが難しくなっています。プロジェクトの透明性は、適切な意思決定とプロジェクトパフォーマンスの向上に不可欠で、多くの場合、複数の顧客の複数のプロジェクトを処理する際に、組織は集中力を欠く傾向があります。これは、プロジェクトの見積もりが甘い、スケジュールが正確でない、リソース配分が不適切、プロジェクトデータの可視性がないなど、さまざまな要因によって引き起こされます。プロジェクトマネジメント協会(PMI)によると、高成熟度組織の94%がPPMの導入後、目に見える効果を実感しており、テクノロジー主導のPPMソリューションに対する需要は高まっています。これらのソリューションは、プロジェクト運営とリソース管理を360度見渡すことができ、この情報により企業はプロジェクトの見積もりを改善し、プロジェクトライフサイクルのさまざまな段階を向上させることができます。さらに、PPMソリューションは、効果的なリソース割り当てを行い、リソースの過不足によるリスクを軽減するのに役立ちます。

抑制要因:データの機密性に関する組織の懸念

サイバー脅威から保護する必要がある最も重要な企業資産として、データは認識されています。新しい高度なデジタル技術を採用した組織は、ビジネスデータをリスクにさらす可能性があり、サイバー犯罪に対処するための準備がどんなに整っていても、これらの脅威を打ち負かすことは困難です。ビジネスの近代化を約束するあらゆるテクノロジーは、ITインフラへの侵入口を増やすことで、ハッカーやサイバー犯罪者に門戸を開いていることにもなります。これが、企業がクラウドPPMソリューションを採用する際の大きな制約となっています。低コストのパブリッククラウドサービスは、中小企業でも簡単に利用できます。これらのサービスはサイバー攻撃やセキュリティ上の懸念があるにもかかわらず、予算の制約から中小企業はプライベートクラウドを利用する余裕がありません。さらに、モバイル端末によるプロジェクト管理アプリケーションへのアクセスは、サイバー攻撃や情報漏えいの可能性を高めます。したがって、規制の厳しい業界の組織は、予算の制約や情報セキュリティのリスクを理由に、最新のPPMソリューションの導入を躊躇していると推測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]