クラウドOSS BSSの市場規模、2027年に366億米ドル到達予測

クラウドOSS BSSの市場規模は、2022年の201億米ドルからCAGR12.8%で成長し、2027年には366億米ドルに達すると予測されています。通信業界における業務・ビジネスの効率化のニーズは、クラウドOSS BSS市場の成長に多大な影響を及ぼしています。さらに、顧客の継続的なニーズにより、通信サービスプロバイダーはネットワークと顧客中心のサービスを管理するためのインフラストラクチャの変革を迫られており、クラウドOSS BSSソリューションとサービスの需要が高まっています。

牽引要因:CAPEXとOPEXを削減するニーズの高まり

通信業界では、ネットワークサービスから顧客プロファイルの管理、さまざまな課金管理方法まで、幅広いサポートサービスを提供しており、これらはすべて運用コストに関連しています。クラウドは、通信事業者に完全なITインフラを低コストで提供し、事業の強化を可能にします。CSP(クラウドソリューションプロバイダー)は、利用可能なリソースを使用してOPEXを追跡することに注力しています。新技術の出現が加速する中、通信サービス事業者は運用コストの削減という課題に直面しています。多くの企業がクラウドベースのOSS BSSソリューションを採用することで、運用コストの削減とともに、複雑なオペレーションを効率的に処理できるようになりました。

抑制要因:データ・プライバシーに関する懸念

通信業界では、加入者数の増加に伴い、データ・プライバシーを維持する必要性が高まっています。通信業界では、データの生成量やオンライントランザクションの実行量が増加しているため、データや決済のセキュリティに関する懸念が高まっています。付加価値サービスを利用するためには、消費者は自分の財務情報を提供することが必須です。こうした理由から、顧客は支払詳細やその他の機密情報に関して、セキュリティやプライバシーに関する懸念を抱いています。このような取引や個人に関連する重要な機密情報を危険にさらすことがないよう、整合性を維持したままデータを保護する必要があります。このため、生産性を最適化し、CSPとその顧客の安全な環境を確保するために、効果的で制御可能なクラウド環境が要求されます。CSPとネットワーク事業者は、すべての顧客のデータを保護するために予防策を講じています。クラウドベースのOSS BSSソリューションは、CSPがチャネルを超えた顧客の統一ビューを獲得し、顧客に対する信頼性の高い理解を深めるのに役立ちます。一方、非倫理的な要素によりプライバシーが侵害されることがあり、このような理由から、顧客は個人情報を共有することに消極的であり、クラウドOSS BSS市場全体の成長の制限につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]