床面研磨機の市場規模、2027年に3億5,600万米ドル到達予測

床面研磨機の市場規模は、2022年の3億300万米ドルからCAGR3.3%で成長し、2027年には3億5,600万米ドルに達すると予測されています。床面研磨機市場は、建設業界の繁栄、小売、商業、ホスピタリティ分野の著しい発展、技術的進歩、床材業界の革新、近代的で高速な建設技術への需要などに牽引されており、今後、大きな成長が期待されます。

COVID-19の床面研磨機市場に与える影響

2020年、床面研磨機市場はCOVID-19の大流行により多大な影響を受け、CAGRは大幅に低下しました。しかし、2021年には建設分野からの需要により回復が目撃されました。

牽引要因:耐久性、使い勝手の良い機能、作業効率の向上

世界的な建設産業の著しい成長が、市場に明るい展望を生み出しています。床面研磨機は、その操作性の良さ、作業効率の向上、耐久性から広く使用されています。床の研磨を目的とする床面研磨機は、その優れた作業性と性能特性から、住宅や商業施設の建設現場でより一般的に使用されています。

建設開発者はデザインの美しさと機能を向上させるために、コンクリートの床に研磨機を使用しています。アジア太平洋地域と北米では、台頭する住宅部門がコンクリート床面研磨機の販売を牽引しています。住宅、ショッピングモール、ホテルやレストラン、オフィススペースなど、多様なエンドユーザーがコンクリート床面研磨機の必要性を高めています。メーカーは、長寿命、多様な床のパターンや構成に対応する能力、ビル開発業者へのアプローチに重点を置いたチャネルマーケティングなどの新機能を備えた研磨機のポートフォリオを拡充しています。

抑制要因:原材料の価格変動

床面研磨機の原材料費は変動しやすいため、製造プロセス全体に関わるコストが増加しています。不安定な市場は、製造企業にとってマイナス要因となっています。床面研磨機の製造に使用される原材料には、ダイヤモンド、シリコンカーバイド、セラミック、スチール、アルミニウムなどがあり、原材料価格の予期せぬ高騰はコストの上昇につながり、サプライチェーンを不安定にし、競合の多い製造業者の事業の維持を困難にしています。

世界的な市況が原材料の価格動向を左右するため、床面研磨機メーカーはサプライチェーンを最適化し、コストと価格の競争力を維持する必要に迫られています。したがって、コスト効率を維持するためには、生産効率を最大化し、品質と性能の高い製品を確保することが極めて重要です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]