パーソナルケア原料の市場規模、2027年に149億米ドル到達予測

パーソナルケア原料の市場規模は、2021年の118億米ドルからCAGR4.0%で成長し、2027年には149億米ドルに達すると予測されています。発展途上国における消費者のライフスタイルの変化や購買力の向上、多機能なパーソナルケア原料の急速な増加が、同市場の成長を促す要因となっています。欧州と北米では、より高品質なパーソナルケア原料への需要が高まっています。バイオベースや天然のパーソナルケア原料に対する消費者の嗜好は、メーカーに成長の機会を提供しています。

COVID-19がパーソナルケア原料市場に与える影響

COVID-19の発生はパーソナルケア原料市場に直接影響を及ぼしています。同市場の減少は、社会的距離を置く規範に従うために各国が課したロックダウンが原因で、世界的な景気後退も業界の混乱を招いています。パンデミックによる製造施設の閉鎖は、必需品を購入する消費者の支出に影響を及ぼしています。また、消費者の消費パターンも変化しており、需要と供給の間にギャップが生じました。

パーソナルケア原料市場におけるフレグランス、ヘアスタイリング製品、メイクアップなどの裁量的経費は、COVID-19の影響で大幅に減少しました。消費者は主にハンドソープ、ボディソープ、ローションなどの基本的な必需品に支出するようになりました。世界的なロックダウンは、消費者の支出や消費パターンを変え、パーソナルケア業界のさまざまなセグメントに影響を与えています。

牽引要因:発展途上国における消費者のライフスタイルの変化と購買力の向上

都市化の進展、働く女性の増加、ライフスタイルの変化、衛生やスキンケアに関する意識の高まりは、パーソナルケア原料市場の主要な推進要因のひとつです。衛生や個人の健康に対する意識が、パーソナルケア製品の必要性を後押ししています。この変化は、スキンケアやヘアケア製品の増加につながっており、パーソナルケア原料の需要を促進しています。

消費者のライフスタイルの変化は、中国、ブラジル、インドをはじめとする発展途上国で多く目撃されています。このような発展は、所得と購買力の向上に裏付けられ、パーソナルケア原料の需要を高めています。衛生、美容、健康に対する意識は着実に高まっています。例えば、かつて都市部を中心として使用されていた高級スキンケア製品やヘアケア製品は、現在ではインドや中国の農村部にも浸透しています。このような消費パターンの変化が、化粧品・パーソナルケア業界を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]