クラッディングシステムの市場規模、2026年に3,069億米ドル到達予測

クラッディングシステムの市場規模は、2021年の2,341億米ドルからCAGR5.6%で成長し、2026年には3,069億米ドルに達すると予測されます。これは、建設業界の高成長に起因しており、住宅や非住宅の建設やインフラ活動の増加、高い耐久性、建物の美観を高める能力などの要因が、クラッディングシステムの需要を後押ししています。

牽引要因:建設・インフラ活動の活発化

クラッディングシステム市場の成長は、建設業界の成長に大きく依存しており、そのほとんどは、アジア太平洋地域の新興国で見受けられます。同時に、米国や英国などの成熟した市場の建設産業も成長しています。

中産階級の台頭とその消費パターンは、世界経済に多大な変化をもたらしています。中産階級の一人当たりの所得が上昇することで、都市化がさらに促進されます。中産階級の人々は、特定のサービスや製品を選択する際に、こだわりを持ち、ライフスタイルの変化、高い可処分所得、意識レベルの向上により、住宅用建造物の壁や屋根にクラッディング素材を使用するなど、高品質な保護方法に対する需要が高まっています。

制約要因:高い原材料費と施工費

クラッディングシステムの普及を阻む主な要因は、コストが高いことと、取り付け工程がやや複雑なことです。クラッディングシステムの製造に使われる主な製品は、木材、金属、ファイバーセメント、化粧しっくいです。これらの原材料の価格は、製造や輸送に使用されるエネルギーや原油の価格変動が主な原因となり、その変動は最終製品の価格変動につながります。

ビニールやアルミなどのクラッド材は安く、ファイバーセメントやシダーなどの木材は高くなります。2022年2月現在、ファイバーセメントサイディングのコストは1平方フィートあたり5米ドルから14米ドルであるのに対し、ビニールサイディングのコストは1平方フィートあたり3.5米ドルから7.5米ドルとなっています。しかし、大手メーカーは定期的に技術革新と研究開発を行い、これらの製品間の価格格差を是正しています。

市場機会:建物の美観を高める保護システムに対する需要

クラッディングシステムの目的は、建物を湿気や環境汚染から守ることにとどまらず、建物にユニークな外観を与え、そのイメージを向上させます。建物の美観を高めるために、さまざまな色や質感のコーティングが用意されています。プレコートメタルクラッディングシートは、色や模様が豊富で、環境への影響を最小限に抑えながら美観を向上させることができます。金属、木材、ファイバーセメントなどのクラッディングは、洗練されたモジュール式のファサードを提供しメンテナンスコストを削減し、建物の外壁構造を保護することもできます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]