統合クラウド管理プラットフォームの市場規模、2027年に58億米ドル到達予測

統合クラウド管理プラットフォームの市場規模は、2022年の29億米ドルからCAGR15.2%で成長し、2027年には58億米ドルに達すると予測されています。市場成長の主な要因は、モビリティの向上、クラウド環境へのワークロードのシフト、BYOD(Bring Your Own Device)の増加、複雑で異質なクラウド環境の管理の簡素化、さまざまな業種の企業におけるハイブリッドクラウドおよびマルチクラウド戦略の採用の増加、COVID-19によるクラウドベースのビジネスユーティリティソリューションおよびサービスの採用拡大、節約と労働生産性の向上、IT運用におけるAI対応ツールの台頭が挙げられています。

統合クラウド管理プラットフォーム市場は、グローバルおよび新興プレイヤーの存在により成長しています。BFSI、IT・通信、政府・公共機関、製造業、小売・消費財、ヘルスケア・ライフサイエンス、エネルギー・公益事業など、さまざまな業種の企業だけでなく中小企業においても、ICMPソリューションの採用が進んでおり、クラウドサービスやセキュリティインフラの導入により、APAC(アジア太平洋)とMEA(中東・アフリカ地域)の発展途上国のベンダーにさらなる機会を提供することが考えられます。

COVID-19の統合型クラウド管理プラットフォーム市場への影響

COVID-19パンデミックは、統合クラウド管理プラットフォーム市場にプラスの影響を与えています。企業は、リモートで活用できる、混乱の中での事業継続性を確保できる技術支援ツールをますます採用するようになっています。このため、SaaSプラットフォームに対する需要は継続的に拡大しています。マイクロソフトのようなトップ企業は、パンデミック期間中に多くの加入者を目の当たりにしています。COVID-19の流行が続く中、マルチクラウドやハイブリッドクラウドモデルの採用が進み、リモートワークモデルの採用の拡大とともに、統合クラウド管理プラットフォームの成長が促進されています。COVID-19の大流行は、オフィスやその他の施設の大規模な閉鎖にもかかわらず事業を継続するという、企業にとって非常に大きな課題を生み出しました。特にパンデミックの状況下で、接続を維持し、効率的にビジネスを運営するためのテクノロジーの利用が増加しており、パンデミック中の市場を牽引することが予想されます。

牽引要因:クラウド環境の管理簡素化の促進

統合クラウド管理プラットフォームソリューションは、企業がクラウド環境を管理する設計において、ソフトウェアと技術を組み合わせることを可能にし、異なる環境にあるクラウドインフラを簡単かつ効率的に統合できます。マルチクラウド管理ソフトウェアは、多様なクラウドリソースに対して、信頼性の高いプロビジョニング、設定、監視、分析、コスト管理を可能にします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]