パインケミカルの市場規模、2027年に68億米ドル到達予測

パインケミカルの市場規模は、2022年の55億米ドルからCAGR4.5%で成長し、2027年には68億米ドルに達すると予測されています。パインケミカルは、松の木から得られる主要な商業製品で、塗料やコーティング剤、接着剤やシーリング剤、界面活性剤、印刷用インクの製造に使用されています。さらに、化粧品、ビタミン中間体、松根油消毒剤および防虫剤、香料および香水、食品および飲料のフレーバーにも応用されています。

COVID-19がパインケミカル市場に与える影響

COVID-19パンデミックは世界経済に甚大な影響を与えました。パインケミカル市場への直接的な影響はないものの、短期的な供給の混乱と長期的な貿易制限が最終製品メーカーに影響を与え、地元プレーヤーの事業の妨げとなりました。貿易制限とサプライチェーンの混乱により、メーカーは原材料を供給してくれる代替調達先を探さなければならず、生産現場では熟練労働者が不足しました。

牽引要因:バイオフレンドリー製品への需要拡大

消費者が環境に優しい製品に傾倒しているため、パインケミカル製品の需要は急増しています。これらの製品は、天然および再生可能な材料を原料としており、二酸化炭素排出量を削減するメカニズムとして機能します。パインケミカルは、生きている木、松の切り株、丸太から得られ、林業の原料に依存しています。クルードトール油(CTO)は、さまざまな用途に使われるパインケミカル物質の代表的な例です。米国化学工業協会(ACC)は、代替化学物質に対するパインケミカルの増加により、2030年にはCTOの利用可能量が年間226万トンに達すると発表しています。

抑制要因:政府による厳格な規制

環境保護庁(EPA)、食品医薬品協会(FDA)、米国化学工業協会、パインケミカルズ協会などの主要な政府機関が、パインケミカル物質を規制しています。これらの機関は、製品の登録、安全性、使用方法、食品およびその他の用途で許容される残留レベルを規制する責任を担っています。パインケミカル物質に関する規制の厳格化は、環境の悪化が原因です。これらの規制は、既存のパインケミカル製品に影響を与え、新製品導入の遅れを引き起こします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]