合成紙の市場規模、2027年に12億8,600万米ドル到達予測

合成紙の市場規模は、2021年の7億6,600万米ドルからCAGAR9.2%で成長し、2027年には12億8,600万米ドルに達すると予測されています。合成紙は、石油由来の合成樹脂(主原料)を用いて製造されます。樹脂の選択は、異なる合成紙が示す属性に大きな役割を果たし、耐薬品性、耐引裂性、耐油性、耐湿性、印刷適性、ヒートシール性、耐久性、高強度などに優れているため、従来の紙よりも好まれる傾向があります。また、通常、BOPP、HDPE、その他(ポリスチレン、ポリアミド、ポリエチレン、ポリ塩化ビニル)で構成されており、食品・飲料、化粧品、輸送、医薬品、化学、広告など、さまざまな最終用途産業で使用されています。

COVID-19の合成紙市場に与える影響

COVID-19は、2020~2021年度の世界経済成長に、少なくとも0.5%~1.5%のマイナスの影響を与えたと思われます。感染症が急速に拡大し、生命と生活の両方が危険にさらされ、世界的な対応が求められています。この病気の終息を予測することは難しく、合成紙の供給にも影響が及ぶ事態となっています。多くの硬質プラスチック包装サプライヤーは、この世界的な課題に取り組むため、ウェブサイトやソーシャルメディアで情報を提供し、エンドユーザーを保証するための解決策やコミュニケーションの方法を見出しています。

牽引要因:合成紙の環境に優しく理想的な特性

合成紙は無機物であり、その製造過程で木や木材を利用することがなく、ポリオレフィン樹脂やポリプロピレンなどプラスチックから作られます。このプラスチックを溶かして使うのが押出成形で、システム管理されているため、廃棄物などの危険性が少ない製法です。また、合成紙はリサイクルされ、プラスチック樹脂としてさまざまな用途に再利用されます。このような環境に優しい特性が、世界における合成紙市場の成長を促進しています。合成紙市場の主な事業者は、100%リサイクルされた合成紙の使用を推進しています。ポリアートは、4R(Recycle、Reuse、Respect、Reduce)という方針を掲げ、環境に配慮した製品作りに取り組んでいます。Nan Ya Plastics社は、特許製品「PEPA」を通じて、環境にやさしい二軸延伸ポリプロピレン合成紙の製造工程を踏襲しています。Yupo Corporationの3R(Reuse、Recycle、Repurpose)は、環境にやさしい合成紙の製造に役立っています。合成紙は、大きな張力をかけても破れないので、寿命が長く、木の繊維がないため、防水性があり、水に濡れても破れません。さらに、折り畳みやすく、ひび割れしにくいという特徴もあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]