エレクトロコーティングの市場規模、2026年に50億米ドル到達予測

エレクトロコーティングの市場規模は、2021年の39億米ドルからCAGR4.7%で成長し、2026年には50億米ドルに達すると予測されます。高性能でコスト効率に優れ、環境に優しい塗料の需要が、市場の成長を牽引しています。しかし、工場の操業停止、サプライチェーンの中断、最終用途産業からの需要減は、同市場にマイナスの影響を与えています。

COVID-19がエレクトロコーティング市場に与える影響

エレクトロコーティング市場は、COVID-19の大流行により、2021年には比較的低成長になると予想されています。この致命的なウイルスは、地球全体、特に北米と欧州地域に悪影響を及ぼしています。さらなる蔓延を防ぐため、企業は事業や製造施設を停止しており、エレクトロコーティングの生産能力は低下しています。自動車、重機、家電などの最終用途産業は生産活動を停止しています。Volkswagen、BMW、Fordなど様々な自動車メーカーが、世界経済への影響による市場シェアの低下を目撃し、自動車産業におけるエレクトロコーティングの急激な減少につながりました。

牽引要因:環境規制の強化

コーティング業界は過去20年間、環境に優しい材料やコーティングの製造に注力してきました。これは、塗料からのVOC排出量削減に関する環境規制や政策が世界各地で強化された結果です。米国と欧州の政府は特に大気汚染を懸念しており、有害な排出物の削減またはゼロに向けた規制を策定しています。これらの大気汚染削減のための規制は、e-coatの需要向上に大きな役割を果たすと思われます。

エレクトロコーティングの工程では、HAPやVOCの排出がほとんどないため、多くの製品メーカーがアプリケーションにe-coatを使用しています。また、製品のリサイクルにも役立ち、リサイクル時の有害廃棄物の発生も少ないため、RCRA(Resource Conservation and Recovery Act)にも適合しています。このことは、e-coatの適用分野を拡大し、今後さらに市場を拡大する上で大きな役割を果たすと考えられます。

抑制要因:エレクトロコーティングの高い資本コスト

e-coat市場に新規参入する企業にとって、工場設立にかかる高い資本コストとスペースの制約が、新しい生産ラインを設立する際の制約となっています。また、自動車のボディ全体を一定時間内にコーティングすることは可能であると思われますが、この技術にかかる資本コストは、生産ラインを毎日稼働させないと需要を満たせない可能性があるため、多くの企業が採用を躊躇しています。一方、価格が下落した際に自社で装置を導入するメーカーもあり、その場合、生産量が増えてもe-coatサービスのアウトソーシングによるコストを削減することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]