ヒューマノイドロボットの市場規模、2027年に173億米ドル到達予測

ヒューマノイドロボットの市場規模は、2022年の15億米ドルからCAGR63.5%で成長し、2027年には173億米ドルに達すると予測されています。市場成長の背景には、高度な機能を備えたヒューマノイドロボットの開発拡大、教育用ロボットとしての利用拡大、小売業における個人支援用需要の急増、医療分野での需要拡大などが挙げられます。しかし、高度なロボットの開発に必要な初期費用や研究開発費の高さが、市場の成長を抑制しています。一方、先進国で急増している老年人口、物流分野での人型ロボット需要の増加、レスキュー作業でのロボット需要の増加は、今後数年間で人型ロボット採用の大きな機会を生み出すと期待されています。今後、未試験の環境下におけるパフォーマンスが予測できないことが、同市場の課題になります。

COVID-19がヒューマノイドロボット市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、2020年の初期段階においてヒューマノイドロボット市場の成長に影響を与えました。ウイルスの急速な広がりにより、部品の輸出が停止し、2020年の最初の2四半期におけるヒューマノイドロボットの生産に影響を及ぼしました。この危機の間、市場関係者は、製造業務を継続するための安全な方法や、収益源を確保するための持続可能な方法を模索し、事業を継続させました。その後、2020年の後期には、医療分野で人型ロボットの需要が増加し、医療スタッフの安全確保や、ウイルスに感染した患者への食事や医薬品の供給などに利用されました。

牽引要因:高度な機能を備えたヒューマノイドロボットの開発拡大

技術の進歩は、ロボット工学の需要に影響を与え、さまざまな用途での採用を促進しています。ヒューマノイドロボットは人間を模倣することができるため、コンパニオンとして扱われるようになります。これは、ロボット工学分野における技術革新の結果であり、その研究は、主に人工知能、ロボットのハードウェア開発、二足歩行や車輪駆動の実現、人間とロボットの対話に分類されます。

抑制要因:ロボット技術の導入のための高額な初期コスト

ヒューマノイドロボットは、タスクの複雑さが増すにつれて、研究開発費も増加し、市場成長の抑制要因となります。ヒューマノイドロボットに関連する全体的なコストには、部品コスト、修理・メンテナンスコスト、研究開発コストなどが含まれ、中小企業にとっては多大な投資となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]