バッテリーコーティングの市場規模、2027年に6億5,800万米ドル到達予測

バッテリーコーティングの市場規模は、2022年の3億2,900万米ドルからCAGR14.9%で成長し、2027年には6億5,800万米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、電気自動車(EV)、ハイブリッド電気自動車(HEV)、プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)の高い生産量と、スマートデバイスやその他の家電製品の需要増が要因となっています。

COVID-19がバッテリーコーティング市場に与える影響

COVID-19パンデミックの第一波では、電気・電子製品の需要が減少しました。リチウムイオン電池は、携帯電話やノートパソコン、インバーターなどに広く使われており、充電して利用することができます。電子製品の需要減少により、リチウムイオン電池の需要も減少し、その結果、世界市場におけるリチウムイオン電池の価格は低下し、市場成長に影響を及ぼすことが予想されます。COVID-19大流行による影響で、電子市場の需要不振から一部の電子製品事業者が新機種の投入や製造を中止しています。

牽引要因:EV、HEV、PHEVの生産台数の増加

自動車業界では、クリーンで持続可能な燃料の使用に向けてシフトが進んでいます。二酸化炭素(CO2)排出に関する規制や、政策変更や補助金による政府支援により、バッテリー式電気自動車(BEV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、ハイブリッド車(HEV)を含む電気自動車の世界需要は過去数年で増加しています。また、バッテリー技術の向上、車両エンジンの低メンテナンス性、公害の低減などの要求から、EVの採用が進んでいます。

制約条件:技術コストの高さ

ALD、CVD、PECVDなどのコーティング技術は非常に高価であり、正極、負極、電解質などの電池材料にこれらの技術を適用すると、材料コストの上昇から電池全体のコスト上昇が予想されます。コーティング技術の高コストが、リチウムイオン電池への採用を妨げています。

市場機会:電池材料のイノベーションと技術的進歩

イノベーションと技術の進歩は、電池材料業界のプレーヤーに様々な成長機会を提供しています。主要企業は電池材料の研究開発に投資しており、高出力とエネルギー密度、急速充電、安全性の向上、ライフサイクルの延長など、電池のさまざまな技術的進歩につながっています。また、電池材料を原子レベルでコーティングするALDやCVDなどのコーティング技術により、耐久性、安全性、性能の向上が図られています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]