PET樹脂の市場規模、2026年に522億米ドル到達予測

PET樹脂の市場規模は、2020年の281億米ドルからCAGR6.1%で成長し、2026年には522億米ドルに達すると予測されています。PETは唯一のリサイクル可能なポリエステルであり、他の熱硬化性材料と比較して異なる用途で使用されています。再利用可能であるという利点は、メーカーがコスト面で優位に立つのに役立ちます。PBT樹脂の市場規模は、2020年の31億米ドルからCAGR5.1%で成長し、2026年には53億米ドルに達すると予測されています。自動車メーカーは、燃費やCO2排出量の削減、欧州委員会による軽量化規制などの課題を克服するために、自動車生産にPBT材料を使用しています。PBTは、自動車に使用されるスチールやアルミニウムと比較して軽量です。

COVID-19がPET&PBT樹脂市場に与える影響

新型コロナウイルスのパンデミックは、世界の産業に波紋を広げ、国境や製造施設を越えてグローバルサプライチェーンに影響を与えました。その結果、原材料の到着の遅れや、資金繰りの悪化、生産ラインの従業員の人手不足が発生しました。これらの要因は、世界経済とさまざまな産業のパフォーマンスにマイナスの影響を与え、その産業損失は、PET/PBT樹脂市場に直接影響を及ぼしています。

牽引要因:リサイクル性の高いプラスチック樹脂であるPET

再生ポリエチレンテレフタレート(rPET)は、リサイクル性に優れたプラスチックで、世界中で最も広く使用されている再生プラスチックの一つです。rPETは、カーペット、衣類、椅子張り、セーターの繊維、寝袋やクッションの詰め物、シートやフィルム、自動車部品など様々な用途に使用されています。世界の大手飲料メーカーや消費財メーカーは、2030年までにプラスチック包装材にリサイクル材を50%配合することを約束しています。そのため、食品グレードの認定を受けた再生材料の需要は増加すると予想されます。しかし、現在、食品用再生プラスチックの供給は限られているため、長期的に高品質な食品用rPETを確保することは困難です。

EUでは、2025年からすべての飲料用PETボトルに25%の再生材を使用し、2030年までに30%まで増やすという目標が掲げられています。Coca-Cola、Danone、PepsiCoなどの大手ブランドは、2030年までに自社のボトルでrPETを50%使用することを呼びかけています。インドと東南アジアでは、2030年までに食品用rPETの需要が10~15%増加すると予想されています。これは、ほぼ独占的に、世界の食品飲料(F&B)企業が設定したパッケージングの持続可能性における目標に牽引されています。このため、同地域では回収・リサイクル設備への投資が促進されると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]