心電図ケーブルとリードワイヤーの市場規模、2026年に30億米ドル到達予測

心電図ケーブルとリードワイヤーの市場規模は、2021年の21億米ドルからCAGRは7.5%で成長し、2026年には30億米ドルに達すると予測されています。市場成長の要因は、老年人口の増加、心血管疾患(CVD)の有病率の増加、技術の進歩、先進国における有利な政府規制の実施などです。

COVID-19が心電図ケーブルとリードワイヤー市場に与える影響

COVID-19パンデミックの出現により、世界中の医療提供体制が変化しています。COVID-19患者の入院率の上昇によるプレッシャーは、多くの病院や診療科を再整備することにつながりました。世界各国で外出禁止令や監禁令が出され、230万件ものがん手術、および、多くの診断や治療が延期されました。Evaluate Vantage社のレポートによると、腫瘍学の臨床試験も影響を受けており、約170の研究が中断しています。心電図ケーブルやリードワイヤーの成長にも軽度から中等度の影響が及んでいます。その後、社会的距離の確保に関する規定が緩まったため、今後の需要の拡大が期待されます。各国の移動規制が徐々に緩和され、心電図用ケーブルやリードワイヤーの需要が再び高まっています。

COVID 19パンデミック危機の際、心臓病患者はより多くのウイルスにさらされることになりました。心電図ケーブルやリードワイヤー市場で事業を展開している企業は、患者のニーズに対応するため、事業を拡大させています。パンデミック後に心疾患、心臓発作、その他の慢性疾患の患者が増加しているため、心電図ケーブルとリードワイヤーの需要が高まっています。また、COVID 19の患者が心停止を起こすケースも増加しています。

牽引要因:心血管疾患の有病率の増加

心血管疾患の増加により、早期かつ効果的な発見と治療の実現のため、手頃な価格で高度な心電図機器を備えた心臓治療センターに対する需要が高まっています。また、北米や欧州の先進国では、医療費の増加に伴い、手頃な価格のリモートモニタリングシステムに対する需要が高まっています。これらの要因により、心電図デバイスの需要が高まり、心電図ケーブルとリードワイヤー市場も今後数年間で拡大すると予想されます。

市場機会:未開拓の新興市場

中国、インド、ブラジル、ロシア、南アフリカなどの発展途上国は、心電計ケーブルおよびリードワィヤーの高成長市場として期待されています。中国とインドには世界人口の3分の1以上が居住しており、急速な都市化、食生活の変化、座りがちなライフスタイル、タバコやアルコールの使用により、心血管疾患(CVD)の有病率が上昇しています。さらに、CVDの主要な危険因子である高血圧、脂質異常症、糖尿病、肥満の有病率が高いこともわかっており、今後数年間はこの新興市場において、診断用ECG機器および消耗品の需要が増加することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]