人工光合成の市場規模、2030年に1億8,500万米ドル到達予測

人工光合成の市場規模は、2022年の6,200万米ドルからCAGR14.6%で成長し、2030年には1億8,500万米ドルに達すると予測されています。人工光合成市場は、研究開発に対する政府の資金提供や助成金、ネットゼロエミッションの世界的な計画によって牽引されています。グリーンH2や環境に優しい液体燃料の需要は、今後の人工光合成市場に有利な機会を提供すると期待されています。

牽引要因:政府資金と人工光合成に関する研究開発の増加

人工光合成技術の研究開発に対する政府の資金提供や助成金は、市場成長の重要な推進要因です。2020年、米国エネルギー省(DOE)は、太陽光から燃料を生産する人工光合成の研究に、5年間で最大1億米ドルを投資する計画を発表しました。同省のFuels from Sunlight Hubプログラムへの支出予測は、この積極的な競争力を持つ有望な研究分野に対する米国の科学技術資源の投入を意味しています。

欧州では、ドイツ、スペイン、フランスが、水素生成や炭化水素生成など、人工光合成の研究活動に力を入れている主要国です。研究機関では、研究活動を加速させるためにOEMと協力しています。ドイツでは、EvonikとSiemens Energyが、二酸化炭素と水を使って化学品を作るパイロットプラントを開始しました。このプロジェクトはRheticusと呼ばれ、ドイツ連邦教育・研究省(BMBF)から総額630万ユーロの資金援助を受けています。マールにあるパイロット施設では、人工光合成技術を導入し、バクテリアの力を借りた電気分解により化学物質を生産します。このプロジェクトは、炭素循環を閉じて、CO2排出を削減することを目的としています。

抑制要因:初期設備投資および研究コストの高さ

人工光合成は、水素と二酸化炭素を統合し、燃料を得る複雑なプロセスです。自然界の光合成は、太陽光、水、二酸化炭素を利用して、酸素とエネルギーに富んだ炭水化物を生成しますが、その基本的な化学プロセスを再現することは非常に困難です。人工葉は未来の燃料電池になるかもしれませんが、製造コストの問題が残っています。また、人工光合成の高効率化も大きな課題となっています。一方、高価な触媒を使用することでより高い効果を得ようと、研究コストがかさんでいます。そのため、初期投資や研究コストの高さが、人工光合成市場の抑制要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]