洗浄用アクリルポリマーの市場規模、2026年に7億900万米ドル到達予測

洗浄用アクリルポリマーの市場規模は、2021年の5億8,000万米ドルからCAGR4.1%で成長し、2026年には7億900万米ドルに達すると予測されています。種類別に水性セグメントは、2020年の金額ベースで93.8%と最大シェアを占めました。用途別に、合成洗剤は最大シェアを占め、食器洗い洗剤がこれに続くと思われます。人口の増加、一人当たりの所得の増加、ライフスタイルの変化、洗濯機使用の上昇に伴い、洗濯用洗剤の需要が伸びており、アクリルポリマー市場を牽引しています。さらに、ホテルやレストラン、食品小売店、家庭用アプリケーションにおける液体食器洗い製品の需要増が、アクリルポリマー市場の成長をさらに後押ししています。

2020年の洗浄用アクリルポリマー市場は、北米が最大シェアを占め、欧州がこれに続きます。北米と欧州市場では、洗濯用洗剤や食器洗い洗剤などの清掃用品へのニーズが高まっており、清潔で衛生的な環境を維持する必要性が、需要を後押しすると予想されます。

洗浄用アクリルポリマー市場は、各国の政府による衛生意識の高まりや洗浄への取り組みにより、一貫した成長を続けています。中国、インド、ブラジル、南アフリカ、UAEなどの発展途上国では、クリーニング製品の需要の拡大により、2021年から2026年にかけて平均を上回る速度で成長すると予測されます。

COVID-19の洗浄用アクリルポリマー市場への影響

COVID-19の流行により、公共の場での衛生・清潔に対する意識が高まっており、各国政府はウイルスの拡散を防ぐために最大限の注意を払うようガイドラインを発表しています。そのため、産業・施設における洗浄製品の需要は世界中で増加しており、洗浄用途のアクリルポリマー市場の成長を支えています。一方、原油価格の変動や原材料価格の上昇により、今後数年間は市場の成長が制限される可能性があります。

牽引要因:施設・産業用洗浄用途の需要増加

アクリルポリマーは、洗濯・洗剤、施設・産業用クリーニング、硬質表面クリーニング、その他のクリーニング用途に使用されています。洗浄は、ヘルスケア、製造、ホスピタリティ、小売などの産業の成長において非常に重要な役割を担っています。これらの分野では、顧客との直接的なやりとりがあるため、清潔さを確保することが重視されます。COVID-19の流行により、物への接触を通してウイルスが広がることを避けるために、最大限の予防措置がとられています。また、清掃や衛生に関する意識の高まりも、産業・施設における清掃用具の需要を後押ししています。製造業、接客業、食品加工業などでは、製品の衛生状態を保つことは、品質を高めるだけでなく、従業員の健康にも重要です。これらの産業はすべて、今後数年のうちにプラスの成長を遂げると予測されており、洗浄用アクリルポリマーの需要を促進することが期待されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]