断熱製品の市場規模、2026年に717億米ドル到達予測

断熱製品の市場規模は、2021年の551億米ドルからCAGR年率5.4%で成長し、2026年には717億米ドルに達すると予測されています。運輸業界と消費者向け最終用途業界の成長が、断熱製品の需要を高めています。また、建築・建設最終用途における防音に対する意識の高まりも、断熱製品市場の推進要因となっています。

COVID-19による断熱製品市場への影響

COVID-19パンデミックは、2020年の第1四半期と第2四半期に生産停止を余儀なくされ、産業部門からの絶縁製品の需要減少につながりました。その後、2021年には力強く立ち直り、2022年にはCOVID-19以前のレベルを達成し、それを超えることが予測されています。断熱製品の需要は、2020年に減少した後、緩やかな成長を遂げています。

最終用途市場は、海外旅行の制限、観光部門の停止、建設活動の停止、製造工場の停止などによる影響を強く受けました。米国、ドイツ、イタリア、インド、フランスなど、最終用途の需要が高い国は、2020年の市場全体が落ち込みました。

牽引要因:建築・建設部門が市場成長をリード

ここ数年、断熱材は世界中の建築・建設セクターで認知されつつあります。エネルギー効率の高い建物を建設する傾向は、2018年から2021年の間に断熱製品の需要を増加させました。ビル&建設は、35%以上の市場シェアで引き続き最終用途市場を支配すると予想されます。エネルギー効率の高い商品や機器のニーズの高まり、パーティションの遮音性、建設分野におけるHVAC機器の技術的進歩が、断熱製品の需要を促進しています。

空調技術を採用する公共輸送車両

輸送分野における断熱材の用途には、ヒートシールド、バッテリー断熱、防火、データレコーダーの断熱などがあります。また、車体や内装の防火対策は、自動車の安全性を確保する上で重要な役割を担っています。高温断熱材は、自動車の安全性を向上させ、先進技術を備えた自動車部品をサポートし、自動車の耐用年数を延長させます。また、これとは別に、COVID-19ワクチン接種の推進が、冷蔵保存産業の成長を促し、同時に断熱材の需要を高めています。

抑制要因:有害な温室効果ガスを放出

断熱材に関する懸念のひとつに、製造工程における温室効果ガスの排出があります。ポリウレタンフォームは、ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)のような極めて有害な温室効果ガスを放出します。HCFCはクロロフルオロカーボン(CFC)よりは優れているものの、環境への影響は少なくありません。ポリウレタンフォームの製造には、排出率を監視し、標準化することが必要です。工場では定期的な点検を行い、有害な大気汚染物質の排出を減らすことが求められています。先進国では、塩化メチレンを使用した製品の使用は禁止されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]