プロセスオイルの市場規模、2027年に53億米ドル到達予測

プロセスオイルの市場規模は、2022年の48億米ドルからCAGR2.1%で成長し、2027年には53億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、タイヤ・ゴム用途でのプロセスオイルの需要増に起因していると考えられます。

COVID-19のプロセスオイル市場に与える影響

プロセスオイルは、タイヤ&ゴム、ポリマー、パーソナルケア、テキスタイルなど様々な用途で使用されています。しかし、パンデミックのため、世界中の産業が影響を受け、労働力不足、物流制限、材料入手不能などの制約が、2019-2020年の業界の成長を鈍化させました。COVID-19がタイヤ&ゴム産業とその原材料供給者に与えた影響から、米国では、2020年3月、4月、5月に全面的に操業を停止し、乗用車用タイヤ生産が25.5%減少しました。2020年に、COVID-19が主要なタイヤ・ゴムメーカーに与えた経済的影響は膨大で、ほとんどの企業の収益が大幅に減少しています。このパンデミックの財務的影響により、多くのタイヤメーカーが全事業の戦略的見直しを行い、プロセスオイルの需要はさらに落ち込みました。

牽引要因:世界的なタイヤ製造業の成長

タイヤ業界の最新動向としては、タイヤ製造工程における微細公差、自動車の燃費低減のためのラジアルタイヤの使用、低転がり抵抗タイヤ、タイヤのトラクションと走行性能の向上への注力などが挙げられます。プロセスオイルは、タイヤ製造に使用される主要成分の一つです。世界のタイヤ消費量は、自動車産業の成長に直接依存しています。したがって、世界の自動車産業の成長は、今後のプロセスオイル市場を牽引することが予想されます。

市場機会:グリーンプロセスオイルの需要増

グリーンプロセスオイルは、芳香族パラフィン系オイルの一種で、芳香族PCAが3%未満であることが知られており、欧州や先進国、世界的に信頼されている自動車ブランドで多く使用されています。TDAEプロセスオイルは、芳香族含有量の高いグリーンプロセスオイルで、無毒性、非発癌性で、環境に優しいオイルです。TDAEプロセスオイルは、既存のアロマオイルの代替品として使用することができ、高品質なタイヤやゴムを生産するために、消費量の増加が予測されます。

課題:原油価格の変動

プロセスオイルは、原油を精製し、蒸留工程を経て抽出されます。原油を精製して得られる軽質留分はガソリンや軽油などの製品に、重質留分は基油やプロセスオイルの製造に使用されます。したがって、原油価格の変動は、プロセスオイルの生産に携わる企業の利益率に影響を与えており、プロセスオイル市場における厳しい競争と原油価格の変動は、生産者や販売者の利幅を減らすことにつながります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]