レンタル発電装置の市場規模、2027年に128億米ドル到達予測

レンタル発電装置の市場規模は、2022年の98億米ドルからCAGR5.6%で成長し、2027年には128億米ドルに達すると予測されています。産業部門の急速な拡大や、安定した電力供給に対する需要の急増が、世界のレンタル発電装置市場の需要を牽引すると予想されます。

COVID-19のレンタル発電装置市場への影響

COVID-19は、世界経済とエネルギー部門に壊滅的な打撃を与え、サプライチェーンを混乱させる一方で、その需要を低迷させました。この大流行は、世界の医療分野に影響を与えただけでなく、世界経済の製造業、発電、再生可能エネルギー、原子力、石油・ガスなど、さまざまな産業部門に大きな経済的影響を与えました。レンタル発電装置は、Covid-19の発生とそれによる経済減速の影響を直接受けることになりました。

牽引要因:中断されない、信頼性の高い電力供給に対する需要の急増

エネルギー情報局(EIA)の「国際エネルギー展望2021」によると、世界の電力需要は2040年まで年平均1.4%増加すると予測されています。その成長の大部分は、中国やインドなどの非OECD諸国で発生すると考えられます。しかし、2020年の短期的な電力需要は、COVID-19とそれに伴う景気後退の結果、5%減少すると予測されます。また、2010年から2018年にかけて、世界の電力生産能力の伸びに対し、T&Dネットワークの整備が追いついていないため、停電やサージなどの信頼性に対する問題が発生しています。発展途上地域では停電や電力不足が頻繁に見受けられ、先進地域では電圧変動や電圧不足が多く発生しています。

ハリケーン、山火事、氷雨、洪水、熱波、その他の異常気象は、気候変動に伴ってその数や強度が増しています。中国、インド、日本、米国、オーストラリアでは、天候に起因する事故により停電が発生しています。EIAによると、米国の電力顧客は2020年に8時間以上の停電を経験しており、2021年2月には、テキサス州で異常な冬の嵐現象により大規模な発電障害が発生し、450万人以上が停電に見舞われました。このような停電により、緊急時のニーズに対応するための電力バックアップソリューションや、中断のない信頼性の高い電力供給への需要が高まっています。

データセンターは、電力と配電システムの主要なエンドユーザーです。IEAによると、2020年の世界のデータセンターの電力需要は200-250TWhで、世界の電力需要の約1%に相当します。これは暗号通貨の採掘に使われるエネルギーを除いたもので、2020年には100TWhとなります。データセンターが正常に機能するためには、信頼性の高い電力供給が必要で、短時間でも電力が失われると、企業機能に支障をきたし、経済的な損失が発生する可能性があります。そのため、信頼性の高い電力供給手段に対するニーズが高まり、バックアップ用発電機セットの需要が高まっています。製造業は、発電機セットの主要なエンドユーザーの1つです。発展途上国における製造業の成長は、レンタル発電装置市場の主要な推進要因の1つとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]