果物・野菜加工の市場規模、2027年に118億米ドル到達予測

果物・野菜加工の市場規模は、2022年の87億米ドルからCAGR6.4%で成長し、2027年には118億米ドルに達すると予測されています。21世紀は、グローバル化により貿易量が増加し、複数の食品・飲料メーカーが積極的な研究開発活動を行うようになりました。食品素材と食品加工のための先端技術には、膜技術、超臨界流体技術、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)や高圧処理(HPP)技術などの分子技術があり、他にも、パルス電界、超音波、パルス光、ハードルシステムなどの非加熱保存技術により、食品の食感や鮮度を維持することが可能になりました。新しい機械の開発と既存の機械の強化は、果物・野菜加工市場のプレーヤーが採用する主要な戦略です。また、果物・野菜加工の認知度向上と用途拡大を目的とした施設の拡充、マーケティングスキーム、情報交換プログラムへの注目が高まっており、市場の成長に貢献することが予測されます。

COVID-19の果物・野菜加工市場への影響

COVID-19の大流行は、安全で健康的かつ栄養価の高い食事の重要性を浮き彫りにし、果物・野菜加工市場における、食糧の安全性、持続可能性、品質が重視されるようになりました。さらに、市場での製品価値を維持できるように、メーカーは食品の安全性パラメータの評価を促進しています。

牽引要因:簡便な食品需要の伸び

加工食品市場は、顧客の多忙なライフスタイルに伴う利便性へのニーズが原動力となっています。さらに、一人当たりの所得が増加したことで、すぐに食べられる食品や持ち帰り可能な食品への需要が高まっています。その結果、果物や野菜の加工品に対する需要が増加しています。果物・野菜加工産業の高成長により、同市場の成長の見通しは明るいものとなっています。

また、消費者にとっても、加工食品は使いやすく、長期保存が可能であるため、メリットがあります。中国、インド、ブラジルなどの発展途上国における消費者の嗜好は、過去数十年の間に、伝統的な手作りの朝食や間食から、すぐに食べられる製品へと移行しています。2020年12月の「食品加工」記事によると、Covid-19の状況下で、パントリーなどに蓄えられる家庭用主食の売上が急増しました。2020年3月の缶詰スープの売上は、前年比200%増、冷凍食品は40%増となりました。特に、フルーツジュースなどのコンフォートフードの需要が急増しており、果物・野菜加工市場の成長に寄与しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]