企業情報アーカイブの市場規模、2027年に129億米ドル到達予測

企業情報アーカイブの市場規模は、2022年の64億米ドルからCAGR15.2%で成長し、2027年には129億米ドルに達すると予測されています。企業情報アーカイブ市場の成長は、コンプライアンスや法的要件を満たすために、不活性データのコスト効率の高いストレージソリューションに対するニーズが高まっていることが要因となっています。また、オンライン上の企業データから価値の低いデータを分離することで、ビジネスプロセスを改善するという需要も、企業情報アーカイブ市場の成長促進要因の1つとなっています。さらに、クラウドベースのアーカイブは、企業情報アーカイブ市場に新たな成長機会を創出しています。

企業情報のアーカイブは、企業が詐欺や顧客の機密情報の開示で訴えられる訴訟から保護されるために、どの企業にとっても重要なニーズです。高度なコンピュータと通信システムの発達に伴い、顧客の個人情報を保護し、ビジネスプロセスの倫理的な運営を促進するために、新しい法律が定期的に定義されています。また、企業情報アーカイブは、古かったり有用性が低かったりするデータを3次ストレージに隔離し、有用なデータを2次ストレージに保存して高速にアクセス・処理することで、組織のビジネスパフォーマンスを自動的に向上させるのに役立っています。近年、企業情報アーカイブの市場は大きく成長しており、従来のオフィスファイルから、電子メール、インスタントメッセージ、ソーシャルメディア、モバイル通信などの企業向け通信メディアのコンテンツまで、より幅広い企業データをアーカイブし、管理するための単一プラットフォームを市場に提供するようになりました。データセンターは、拡張性のあるアーカイブを低価格で提供するクラウド対応で確立されています。

牽引要因:企業のデータ量の爆発的増加

電子メール、インスタントメッセージ、データベース、ソーシャルメディア、Web、モバイル通信ファイル、企業内ファイル同期共有など、データの急激な増加によって発生する企業情報は、企業情報アーカイブソリューションとサービスの必要性を高めています。さまざまなコンテンツ、ソース、データタイプにまたがるビジネス上の意思決定やコミュニケーションの記録を取得し、保存し、作成することは困難なことです。Cisco Annual Internet Reportによると、2023年までに約3億のモバイルアプリケーションがダウンロードされると言われており、中でも、ソーシャルメディア、ゲーム、ビジネスアプリケーションが最も多くダウンロードされると考えられます。ITインフラは、より多様なエンドユーザーデバイスとIoT接続が追加され、ますます複雑になっています。このデバイスの設置は急ピッチで拡大しており、さらなるストレージスペースが必要になります。あらゆるプラットフォームやデバイスから情報を取得する能力と、情報を効率的かつ安全にアーカイブする能力で企業を強化する、EIAソリューションのニーズが発生しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]