通信用電力システムの市場規模、2027年に54億米ドル到達予測

通信用電力システムの市場規模は、2022年の39億米ドルからCAGR7.1%で成長し、2027年には54億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長を促進している主な要因は、遠隔地における通信インフラの増加、通信サービスや高データトラフィックの採用拡大、通信電力システムによる二酸化炭素排出量の削減に対する意識の高まり、ハイブリッド電力システムの採用拡大、携帯電話ネットワークの技術的進歩の増加、5G技術の進化に伴うGaNベースの電力デバイスの使用増加、高度な通信インフラやM2M接続に対する要求の高まりなどが挙げられます。

COVID-19の通信用電力システム市場への影響

COVID-19の影響で、学校、大学、企業などは、世界中でリモートワーク文化への移行を余儀なくされ、通信分野におけるブームを招きました。一方で、さまざまな通信用電力システム機器・部品メーカー各社の業務にマイナスの影響を与え、その供給業者や販売業者の事業にも影響を及ぼしました。同市場で事業を展開している主要企業も、2020年前半に通信用電力システムの在庫に不足が生じ、パンデミックの影響を目の当たりにしました。

牽引要因:通信サービスおよび高データトラフィックの採用拡大

音声、インターネット、ネットワーク、データ通信などの通信サービスに対する理解が深まるにつれ、人々はより高度な通信サービスを選択し、学校、オフィス、データセンター、ヘルスケアなど、あらゆる分野で利用されるようになりました。通信サービス、オフィスでのより速いファイル転送へのインターネットサービスの改善などに伴い、人々はこれらのサービスを信頼し必要とするようになりました。サービスの急速な普及は、通信塔の増設など通信インフラを強化し、通信用電力システムの需要増につながりました。モバイルネットワークにアクセスできる無線機器の増加は、モバイルデータトラフィックの増加につながっています。高度なコンピューティングとマルチメディア機能を備えたモバイル機器の増加に伴い、より高機能でインテリジェントなネットワークに対する需要も同時に高まっています。モバイル接続は、2Gネットワーク接続から、3G、3.5G、4G、4.5G(LTE/LTE-A)といったより高い世代のネットワーク接続へと進化しています。モバイル接続の進化に伴い、ネットワークの収益化のニーズも高まっており、通信用電力システムの採用が進んでいます。したがって、モバイルデータトラフィックの増大により、ネットワーク事業者は消費者により広い帯域幅を持つ接続を提供する必要に迫られ、通信用電力システムを含む高次世代ネットワーク技術をサポートできる高度なネットワーク機器の需要が促進されることになります。さらに、人口の大多数によるモバイルサービス加入は、通信インフラの成長を促進し、電気通信電力システムコンポーネント数の増加につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]