貿易監視システムの市場規模、2027年に41億米ドル到達予測

貿易監視システムの市場規模は、2022年の17億米ドルからCAGR19.7%で成長し、2027年には41億米ドルに達すると予測されています。金融機関における貿易活動の監視ニーズの高まり、金融機関全体の貿易規制やコンプライアンス要件への対応ニーズ、市場操作や市場濫用活動の抑制ニーズ、市場や通信監視を統合した総合的な監視ソリューションの重要性の高まり、360度の貿易監視に対する需要が、貿易監視システム市場の成長を促す要因として挙げられます。

COVID-19 の貿易監視システム市場への影響

トレーディングファームのリスク&コンプライアンスチームは、スタッフの在宅勤務が進む中、トレーディングと通信の両方のサーベイランスに、より高度なレベルが求められています。COVID-19の期間中、規制当局は在宅勤務環境に関連した新たなコンプライアンス上の課題に直面し、警戒を強めました。また、株式市場の価格変動が激しくなったことで、個人や企業のトレーダーによる取引が減少し、取引監視市場にも悪影響が及んでいます。しかし、2020年第3四半期からの経済の正常化により、全世界の取引活動も正常化しました。

牽引要因:360度貿易監視の需要の増加

複雑な規制への対応や貿易不正の増加により、ベンダーは360度の監視が可能な総合的な貿易監視システムのソリューションとサービスを提供しています。これらの貿易監視ソリューションは、取引、通信、行動パターンを監視・分析し、より高度で包括的な調査を提供します。貿易監視システムの360度アプローチは、真正性を高め、偽陽性を処理する労力を減らし、貿易監視のパターンをより特定することが出来ます。取引・注文データ、SNSデータ、音声通信、行動データなど、あらゆるチャネルからデータを収集する貿易監視ソリューションへの需要が急速に高まっています。

市場機会:取引監視システムにおけるクラウドベースの導入の高まり

取引業務のクラウド化は、デジタル化の利便性と迅速なアクセスにより、急速に進化しています。クラウドベースの取引業務の増加は、取引監視の必要性を高めています。クラウドベースの取引監視ソリューションは、オンプレミスの取引監視システムよりも高い支持を得ており、取引監視ソリューションの開発において、拡張性の高いパフォーマンスと安定した環境を提供します。さらに、ベンダーは、定期的なアップデート、メンテナンス、サポートサービスにより、企業が常に最新バージョンのソリューションにアクセスできることを保証しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]