米国の医療環境サービスの市場規模、2026年に87億米ドル到達予測

米国の医療環境サービスの市場規模は、2021年の66億米ドルからCAGR5.8%で成長し、2026年には87億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、効果的な感染管理のための厳しい政府規制が主な要因となっています。また、COVID-19の症例が急増していることから、衛生管理への注目が高まり、感染の拡大を抑える必要性が高まっており、市場の成長を後押ししています。

COVID-19の米国医療環境サービス市場への影響

米国における病床やICUの需要増加、隔離施設の普及、医療施設内の清潔・衛生維持に対する消費者の意識の高まり、予防医療などの要因が、環境サービスの需要を大きく後押ししています。

病院では、急増するCOVID-19患者に対応するため、システムが過負荷になり、米国の清掃業界にとって大きな負担となっています。

環境サービス会社は、COVID-19に特化したサービスを導入し、収益を維持して戦略的な展開を行っています。また、感染拡大を抑えるための厳格な対策の導入や、政府による院内感染削減の義務付けは、今後の医療環境サービス市場の成長を促進するものと思われます。

牽引要因:院内感染(HAI)の増加

院内感染(HAI)とは、病院や関連施設に患者が滞在している間に発生する院内における感染のことです。HAIは世界的に罹患率と死亡率の主要な原因と考えられています。これらの感染症には、中心静脈ライン関連血流感染症、手術部位感染症、カテーテル関連尿路感染症、院内肺炎、人工呼吸器関連肺炎、クロストリジウムディフィシル感染症などが含まれます。HAIの増加に伴い、医療施設では、施設の感染防止基準を高く保つために、契約ベースの医療環境サービスを導入し、感染防止・制御戦略を実施しています。

抑制要因:社内にEVS部門を持つ医療施設

病院をはじめとする多くの医療施設には、環境サービス(EVS)チームが存在します。EVSワーカーまたはEVSテクニシャンは、訓練を受けた医療施設内の非臨床医療スタッフです。外注費を削減し、施設の水準を維持するために、さまざまな医療機関が独自のEVSチームを持ち、製品・機器の洗浄を請け負う訓練されたチームとして、必要な環境サービスを提供しています。

市場機会:バイヤーによる継続的な買収

医療環境サービス分野では、M&Aが盛んなことに加え、スポンサーが支援する戦略的買収が非常に活発です。こうした動きは、それぞれの市場シェアを拡大し、新たなニッチ製品・サービスを提供するのに役立っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]