米国の医療用/病院用フードサービス市場規模、2026年に228億米ドル到達予測

米国の医療用/病院用フードサービス市場規模は、2021年の132億米ドルからCAGR11.5%で成長し、2026年には228億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、慢性疾患の蔓延、患者の食事体験に対する意識の高まり、カスタマイズされた食事オプションの利用、外部食品に対する病院の制限、フードサービスのアウトソーシングによる費用対効果などによるものです。一方、OPD(外来診療部門)患者の間では、フードサービスへの抵抗感、価格設定の課題、スタッフの不足などが、市場の成長を抑制すると思われます。

COVID-19の米国医療/病院フードサービス市場への影響

2020年第1~2四半期、選択的手術の延期により、外来患者を含む全体の患者数が減少しました。さらに、ウイルスの拡散を抑えるために清潔・消毒が求められるようになり、病院の運営コストは増加しています。病院はパンデミックの期間中、包装された持ち帰り可能な食品を提供することで、顧客との接触を減らしながらサービスを提供できるようになりました。施設では、チームメンバー、患者、顧客のために持ち帰り用の事前注文を受け、ピーク時の長蛇の列やボトルネックを軽減することに成功しました。また、多くの病院では、セルフサービスステーションを組立式に変え、チームメンバーが各工程を担当することで、消費者が食事をカスタマイズできるようにし、二次汚染のリスクを最小限に抑えています。サプライチェーンの混乱により、多くの病院が食事の選択肢を狭め、よりニーズに基づいたアプローチをとるようになりました。この戦略により、病院のフードサービス事業は、仕入れと在庫の効率化を図りながら、売上を維持することができました。

食品の流通と食事の注文は、COVID-19 によって最も影響を受けた部門です。フードサービスのスタッフは、COVID-19 患者のいる病棟に入り、食事を配ることを禁じられており、これらの病棟で働く看護職員がこの作業を行う必要がありました。タブレット端末を使って患者から食事の注文を受けていた病院は、ウイルス感染のリスクを最小限に抑えるため、使用後に廃棄できる紙のメニューに変更せざるを得ませんでした。また、モバイル端末用の食事注文アプリケーションを作成し、患者を電話で呼び出すことで、対面せずに食事注文を受ける病院も見受けられました。COVID-19に対応したすべての病院は、食器洗浄工程における厨房スタッフの安全性に懸念を抱いていました。これを克服するために、食器やカトラリーを使い捨てに置き換えたため、プラスチック廃棄物が増加しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]