オペレーショナルテクノロジーの市場規模は、2022年の1,579億米ドルからCAGR6.5%で成長し、2027年には2,163億米ドルに達すると予測

オペレーショナルテクノロジー(OT)の市場規模は、2022年の1,579億米ドルからCAGR6.5%で成長し、2027年には2,163億米ドルに達すると予測されています。同市場の推進要因には、インダストリー4.0の導入の急増、製造プロセスにおける工業自動化の高まり、工業自動化対する政府の支援、規制遵守、サプライチェーンの複雑化、時間およびコストを削減するソフトウェアシステムの需要の急増が挙げられます。オペレーショナルテクノロジー市場は、コンポーネント、ネットワーク技術、産業、地域によって分類されています。

COVID-19がオペレーショナルテクノロジー市場に与えた影響

COVID-19は世界のあらゆる産業に深刻な影響を及ぼしています。各国政府は、流行の拡大を抑えるためにロックダウンを実施しました。パンデミックの初期段階における各国の閉鎖は、人々の暮らしと生活の質に深刻な影響を及ぼしました。その結果、全世界のサプライチェーンに混乱が生じ、製品需要の減少に伴い、世界各地の経済が衰退しました。パンデミックにより原材料が不足し、産業全体の生産が制限されました。輸出の減少やサプライチェーンの混乱が生産量減少の主な要因となっています。この間、企業の目的は事業を維持することであり、限られた資源と労働力で効率的に事業を遂行するために、オペレーション技術が重要な役割を果たしました。

牽引要因:オペレーショナルテクノロジー採用にむけた政府の取り組み

各国政府は、IIoTや産業用3Dプリンターなどの技術開発を支援し、IIoTのイノベーションを推進しています。これは、将来のスマートシティを構築・運営するための新しいIoT研究プロジェクトや実装に対する財政的な支援です。

また、各国政府は、オペレーショナルテクノロジーの可能性をさらに追求するために、教育機関、研究センター、研究・技術団体に資金を提供しています。APAC(アジア太平洋)諸国の政府は、製造施設のデジタル化に向けたプロジェクトやイニシアティブを積極的に行っています。例えば、韓国政府は2018年12月、経済関連9省庁とともに、韓国の中小製造業を後押しし、2022年までに10の工業団地と3万のスマート工場を設立して製造業を高度化するための施策を発表しています。メイドインチャイナ2025は中国政府の戦略計画で、2025年までに主要材料の中国国内調達率を70%に引き上げることを目標としています。中国政府はこの計画を達成するために、3,000億米ドルの投資を約束しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]