検査室技能試験の市場規模、2026年に14億米ドル到達予測

検査室技能試験(PT)の市場規模は、2021年の10億米ドルからCAGR6.4%で成長し、2026年には14億米ドルに達すると予測されています。技能試験は、CLIA、APLAC、CLSIなどの組織の規制下にある検査室が実施すべき必須の手順であり、今後、大きな成長を遂げることが予想されます。PTは、いくつかの産業におけるオペレーショナルエクセレンスと認定のための不可欠な前提条件を形成しています。これは、世界的に実験室技能試験市場の成長を促進する主要な要因の1つです。また、食品や医薬品に対する厳しい安全・品質規制、水質検査への注目も、市場成長を支える主な要因となっています。一方、正確で高感度な検査を行うためには高い設備投資が必要となるため、同市場の成長が抑制される可能性があります。

COVID-19の検査室技能試験市場への影響

COVID-19の流行によるロックダウンは、健康診断の受診を遅らせ、検査の実施件数や試薬の売上に影響を与えました。その後、各国の移動規制が徐々に緩和され、検査数の回復が見られています。COVID-19の大流行により、感染症対策は世界的に喫緊の医療課題となっており、ワクチンや治療薬の開発だけでなく、より精密で簡便な検査技術の開発や検査体制の拡充が求められています。COVID-19は規制環境や実務にも影響を与え、政府や医療関係者はかつてない難題に直面しています。規制当局は、診断薬の承認を迅速に行うための方法を活用し、企業もまた、COVID-19迅速検査を導入し、COVID-19が業務に及ぼす影響を最小限に抑えるため、戦略的な展開を行いました。LGC Limited(英国)は、核酸増幅検査によるSARS-CoV-2(COVID 19)検出のための新しいPTサービス、COVID-19に対する最初のグローバルスキームの1つを開始し、Waters Corporation(米国)はSARS-CoV-2 Nucleocapsid (NCAP) ペプチドを直接検出・定量化するキット SARS-CoV-2 LC-MS Kitを開発しました。

牽引要因:オペレーショナルエクセレンスの必須前提条件となる熟練度テスト

信頼性の高い分析手順は、コスト効率の高い生産と品質管理のための不可欠な前提条件となっています。試験所は、技術的能力をベンチマークし、実証するためのPTプログラムに注力しています。PTプログラムは、試験能力の正確性と信頼性を検証し、試験担当者の能力を含む試験プロセス全体を検証するために使用することができます。また、期待通りに機能していない試験分野の特定や、時間の経過とともに分析に影響を及ぼすであろう微妙な変化や傾向、測定値を使用不能にする物流問題への対処にかかる業務コストの削減、サンプルマトリックスや対象分析物に関する分析上の問題の特定、特定の業務分野におけるベストプラクティスやベストラボの特定に役立てることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]