ゴム添加剤の市場規模、2026年に93億米ドル到達予測

ゴム添加剤の市場規模は、2021年の78億米ドルからCAGR3.5%で成長し、2026年には93億米ドルに達すると予測されています。ゴム添加剤は、熱、日光、機械的ストレスなどの影響に対するゴムの耐性を向上させるために使用され、その種類には、劣化防止剤、促進剤、加工助剤などがあります。劣化防止剤には、フェニレンジアミン、亜リン酸塩、フェノール化合物などがあり、促進剤には、ベンゾチアゾール、スルフェンアミドなどがあります。さらに、加工助剤には発泡剤、ペプタイザー、リターダーが含まれます。ゴム添加剤市場の成長は、主に自動車産業の成長とアジア太平洋地域の高性能ゴムの出現により牽引されています。メーカーは、政府の厳しい規制により、環境基準への適合を促されています。環境問題の高まりと相まって、政府の規制が同市場の成長を抑制することが予想されます。

COVID-19がゴム添加剤市場に与える影響

COVID-19パンデミックによる、サプライチェーンの混乱は、ゴム添加剤市場に、中程度の影響を及ぼしました。ゴム添加剤市場は、自動車産業と電気・電子産業に大きく依存しています。中国は、自動車の最大生産国の一つです。しかし、原材料供給の混乱により、同国のゴム添加剤の生産は弱体化しています。

牽引要因:タイヤ以外のゴム用途の需要増加

ゴム添加剤は、タイヤ用途以外の高い需要により、市場が拡大すると思われます。その用途には、ゴム製品、ゴムマット、ワイパー、フットウェア、自動車ボディ部品、鉱業、ゴム絶縁テープ、絶縁材、コンベヤベルトなどがあります。アジア太平洋地域の発展途上国、特に中国とインドにおける急速な工業化は、ゴム製品の需要増につながっています。さらに、高品質なゴム製品へのニーズが、ゴム製品の品質を向上させるゴム添加剤の市場を牽引しています。自動車分野では、燃費向上のために車両重量を最小限に抑えるために、自動車用ガード、ワイパー、保護カバーなど、タイヤ以外でもゴムが採用されるようになりました。

抑制要因:厳しい環境規制

ゴムの配合は多くの異なる化学物質で構成されており、それらは特定の要件を満たすために添加されます。ゴム化合物の開発は非常にユニークなプロセスであり、開発者が守らなければならない規制が数多く存在します。最も重要な規則には、PA、REACH、IPC 1752、国際材料データシステム(IMDS)、プロポジション65、欧州連合医療機器規制(EUMDR)などがあり、政府による厳しい規則はゴム添加剤市場の成長を抑制しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]