医薬品包装機器の市場規模、2027年に119億米ドル到達予測

医薬品包装機器の市場規模は、2022年の84億米ドルからCAGR7.2%で成長し、2027年には119億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、ジェネリック医薬品・バイオ医薬品市場の急成長、OTC医薬品販売の拡大、柔軟で統合的な包装機器のニーズの高まり、医薬品市場における海外生産の増加、包装に関する規制基準の導入、偽造に対する厳しい規範などが要因となっています。一方、改装された包装機器の採用や包装機器の高コストといった要因が、市場成長をある程度抑制することが予想されます。

COVID 19による医薬品包装機器市場への影響

COVID 19の発生は、世界中の製造業に悪影響を与えました。包装業界はこの危機への影響が少なかったと言えます。ほとんどの包装会社は、高い生産能力で機能しています。

一方、主要メーカーは、市場の売上を伸ばすために、高度な技術で機械を標準化する計画を実行しています。さらに、中国、北イタリア、ドイツ、米国を含む多くの国の製造工程は完全に機能を回復しています。

牽引要因:ジェネリック医薬品・バイオ医薬品市場の高成長

世界の医薬品市場は、医療費の増加、新薬の登場、慢性疾患の蔓延などにより、堅調に成長することが予想されています。また、近年、多くの大ヒット医薬品が特許を失効しており、今後その数が増えることが予想されています。これにより、低価格のジェネリック医薬品の参入が可能となり、医薬品の販売量が増加するものと思われます。米国や英国などの成熟市場で多くの処方薬の特許が切れる2018年末には、これらの医薬品全体の売上高が1000億米ドル以上停滞するとみられています。しかし、実際には、ジェネリック医薬品やバイオ医薬品の売上高の伸びに牽引され、売上高は増加しています。この生産量の伸びは、中南米やアジア太平洋地域を中心とした低コストの製造設備を持つ国により牽引されていると思われます。

医薬品の需要拡大により、効率的な包装システムのニーズが高まり、その結果、高速な包装出力を確保するための自動化装置市場が活性化することが考えられます。

市場機会 新興国における医薬品製造の成長

新興国、特にインドと中国は、医薬品包装機器のプロバイダーにとって大きな成長市場となっています。両国政府は、製薬会社やバイオ医薬品会社が感染症や慢性疾患の治療薬を開発・製造することを奨励しているため、プロジェクトやイニシアティブを実施しており、ライフサイエンスのインフラ整備に重点を置いています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]