デジタル資産管理の市場規模、2027年に80億米ドル到達予測

デジタル資産管理(DAM)の市場規模は、2022年の42億米ドルからCAGR13.6%で成長し、2027年には80億米ドルに達すると予測されています。DAM市場の成長を促進する主な要因としては、コンテンツのデジタル化の進展と企業資産の効率的なコラボレーションに対するニーズ、クラウドベースの配信オプションの出現、著作権問題を回避するためのデジタル資産へのアクセス制御とセキュリティ強化に対するニーズの高まりが挙げられます。さらに、データの完全性を実現するための資金投入や、安全なデジタル取引を合理化するためにデジタルソリューションに暗号化技術を普及させる傾向は、DAMベンダーに十分な機会をもたらすと予想されます。

COVID -19 のデジタル資産管理市場への影響

COVID-19の影響による在宅勤務、世界的なロックダウン、経済的な不確実性の進行により、クラウドへの移行が進み、企業はデジタル資産の保存、管理、リッチ化、配信、分析を合理化するためにDAMソリューションを使用するようになり、同市場の成長を後押ししています。一方、中小企業では、他のコラボレーション技術への投資の増加、利益の減少、情報技術(IT)予算の配分の減少などにより利用が減少し、DAM市場の成長を制限しています。

牽引要因:クラウドベースの配信オプションの出現

消費者のダイナミックな行動に伴い、デジタル資産の増加とリッチ化は、組織全体で加速しています。デジタル資産量の圧倒的な増加に伴い、その保存にクラウドを利用する企業が増えています。このことが、クラウドベースのDAMソリューションプロバイダーの参入をまねき、従来のオンプレミス型DAMソリューションプロバイダーは、クラウドプラットフォーム向けのソリューションを革新する必要に迫られています。Adobe、OpenText、Aprimo、Widen、Cantoなど、多くのDAMプロバイダーがクラウドベースのDAMソリューションの提供を開始し、その多くがAWSやGoogleなどのクラウドプラットフォームプロバイダーと提携しています。

クラウド配信オプションは、オンプレミスでコンテンツをホスティングする場合と比較して、ライセンス、実装、保守のコストを低く抑えることができます。このようなコスト面のメリットから、ほとんどの組織がクラウドベースのDAMソリューションの採用に向かっています。Acquiaの2018 State of Digital Asset Managementレポートによると、調査対象企業の62%がオンプレミスDAMの代わりにクラウドベースDAMを使用しており、DAM導入増加の主な要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]