遠隔患者モニタリングの市場規模、2027年に1,752億米ドル到達予測

遠隔患者モニタリングの市場規模は、2022年の536億米ドルからCAGR26.7%で成長し、2027年には1,752億米ドルに達すると予測されています。老年人口の増加と医療アクセス拡大のニーズの高まり、遠隔医療と遠隔患者モニタリングのコストメリット、医療資源の負担を軽減するRPMのメリット、電気通信の進歩、慢性疾患の発生率の増加、遠隔医療とRPMへの投資の増加が、同市場の成長を促す主要因となっています。しかし、地域による規制の違い、医療詐欺、ソーシャルメディアの非公式な利用方法などが、今後の市場成長を抑制すると考えられます。

COVID-19の遠隔患者モニタリング市場への影響

COVID-19パンデミックは、国民の健康に壊滅的な影響を与え、多くの国に経済的影響を及ぼしました。2021年12月31日現在、世界中で2億9,000万人の患者が報告され、541万9,881人が死亡しています(Worldometer)。このパンデミックは、社会的距離の確保が現時点で対応できるソリューションであり、曝露を最小限に抑えることを考えると、遠隔患者モニタリングソリューションに計り知れない機会を提供しています。このように、遠隔患者モニタリングは、魅力的で効果的、かつ手頃な価格の選択肢となります。さらに、この技術は医療従事者の安全を守るためにも非常に重要です。

牽引要因:高齢者人口の増加と医療アクセス拡大の必要性

高齢者人口の増加は、医療・介護サービスの需要を押し上げ、同時に、遠隔患者モニタリング市場の成長にプラスの材料となります。遠隔患者モニタリングは、医療へのアクセスを向上させ、不必要な訪問や入院・再入院、医療従事者に会うための移動時間やコストを削減することが可能です。

抑制要因:不正行為

医療詐欺は、テレヘルスや遠隔医療を実践する上で大きな懸念材料となります。例えば、保険会社から支払いを受けるために医師の名前や口座を使ったり、非適格者や非上場機関のプロバイダーが不適切なコーディングや虚偽の請求を行うなど、患者や医師が被害を受ける可能性があります。

課題:行動の障壁、医療費負担、認知度の低さ

医師と患者はしばしば新しい診療行為に慣れておらず、従来の診療行程を容易に手放そうとしません。また、高齢者は技術に不慣れなため、遠隔医療や遠隔診療サービスの利用を拒否する可能性があります。

市場機会:感染症や伝染病との闘いにおけるRPMの高い有用性

感染症は、患者と医療従事者の双方が等しく感染する危険性があるため、病院施設での治療が最も困難な疾患の一つです。このような場合、遠隔医療は、病気の早期発見やバーチャル訪問などの利点により、感染の拡大を抑制する可能性を秘めています。例えば、病気の早期発見やバーチャル訪問など、遠隔医療には様々な利点があり、患者の負担を軽減することができ、より安全な医療提供形態として、感染症の蔓延を遅らせることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]