マウントベアリングの市場規模、2027年に18億米ドル到達予測

マウントベアリングの市場規模は、2022年の14億米ドルからCAGR5.6%で成長し、2027年には18億米ドルに達すると予測されています。同市場は、多くの産業によるマウントベアリングの採用、効率化と長寿命化によるメンテナンスの少なさ、コスト最適化のための専用ベアリングの需要拡大、センサーベースのベアリングユニットとIoTの開発および採用の増加によって牽引されています。

COVID-19のマウントベアリング市場に与える影響

COVID-19の大流行により、2020年は世界中でマウントベアリングの需要および投資が急激に減少し、

搭載されたベアリングメーカーの収益にマイナスの影響を与えました。例えば、日本精工の収益は2019年の90億米ドルから2020年の77億米ドルに減少しました。同様に、Rexnord Corporationの収益は、2019年の32億米ドルから2020年の29億米ドルに減少しました。一方、Timkenは2019年の35億米ドルに対し、2020年には37億米ドルと、プラス成長を示しました。

牽引要因:主要産業におけるマウントベアリングの採用

食品・飲料、鉱業・鉱物、パルプ・製紙などの主要産業でマウントベアリングの採用が進んでいます。米国農務省(USDA)によると、2018年の米国のマウントベアリング出荷額のうち、食品加工工場は15%のシェアを占め、そのうち、食肉加工は24%、乳製品は13%、飲料は12%を占めました。経済状況の改善と消費の増加は、食品加工用機械の需要を押し上げました。米国農務省は、食肉・鶏肉の加工能力拡大のために5億米ドルを投資し、既存の小規模鶏肉加工施設には、1 億 5,000 万米ドルを投資しました。米国農務省はまた、小規模な鶏肉および食肉加工工場を支援するため、食料システムの開発に1億米ドルを投資しました。この投資は、小規模な食肉、鶏肉、卵加工工場の経済的負担を軽減し、農家の家畜処理能力を向上するためのものです。

米国農務省によると、米国農業界の2021年の輸出レベルは増加しており、農産物・食品の輸出額は1770億米ドルと、2020年と比較して18%増加しました。主な輸出先は中国で、農産物の輸出額は330億米ドルで、2020年と比較して25%増となり、次いでメキシコが255億米ドルで、2020年から39%増となりました。厳格な食品安全基準と新技術の採用がプレミアムマウントベアリングの需要を促進しています。

また、コンベヤによる効率的なマテリアルハンドリングの実現も、食品加工業界におけるマウント型ベアリングの需要を高めると予想されます。COVID-19の発生にもかかわらず、マテリアルハンドリングシステムの主要企業20社は、2020年には増収が報告されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]