がんバイオマーカーの市場規模、2026年に282億米ドル到達予測

がんバイオマーカーの市場規模は、2021年の124億米ドルからCAGR17.7%で成長し、2026年には282億米ドルに達すると予測されています。市場成長の背景には、創薬・開発におけるがんバイオマーカーの利用拡大、がんバイオマーカーに関する研究の増加、技術の進歩、世界的ながん罹患率の上昇などがあります。

COVID-19のがんバイオマーカー市場に与える影響

新型コロナウイルス(covid-19、sars-cov-2)は当初、主に呼吸器系の疾患と考えられていましたが、多くの患者がウイルスに感染するにつれ、多様な生理学的症状があることが明らかになりました。covid-19は肺にとどまらず、循環器系に影響を与え、腎臓、脳、その他の臓器に合併症を引き起こします。重症患者は、多くの場合、多部門のチームによるケアを必要とします。さらに、併存疾患を持つ患者は、入院を必要とする重度の症状を持つ可能性がより高く、中でも心血管疾患の既往がある患者は、最も死亡率が高くなっています。

COVIDは急性心不全、心筋炎、ショック、血栓塞栓症を引き起こすケースがあり、ウイルスの治療に使用されている薬剤が不整脈を引き起こし心臓の問題を悪化させる可能性があります。しかし、循環器内科を受診する患者数や心筋梗塞と診断される患者数は50%以上減少しています。外来診療、検査、処置、心不全や心臓リハビリテーションなど、循環器科のサービス提供の全領域で検査数の大幅な減少が続いています。

検査の減少が意味するところは、医師、病院、研究所、製薬会社、そして重篤な患者を含む多くの関係者にとって重大な関心事です。診断とがんバイオマーカー検査は、患者に新しい標的療法を含む治療を提供する指標であり、それらを遅らせてはならないのです。乳がん、卵巣がん、大腸がんの定期的な検診も、効果的な予防と早期発見の手段であるため、適時実施する必要があります。パンデミックは、近い将来、がん患者の診断と治療のあり方を大きく変化させると思われます。

牽引要因:がんバイオマーカーの開発における技術的進歩

アレイとプロテオミクスの技術進歩により、タンパク質の機能と相互作用の特定への取り組みが進んでいます。この技術により、新規のがんバイオマーカーの探索・開発プロセスが大幅に簡略化されました。

市場機会:個別化医療

個別化医療は、個々の患者にとって最も有益な治療法を特定するものです。がんバイオマーカーは、個別化医療のある側面で非常に重要な役割を果たしています。がんバイオマーカー検査に使用される消耗品は、これらの疾患の同定を可能にし、がんバイオマーカー診断薬は、治験薬のコンパニオン診断薬としても使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]