コネクテッドマイニングの市場規模、2027年に236億米ドル到達予測

コネクテッドマイニングの市場規模は、2022年の127億米ドルからCAGR13.3%で成長し、2027年には236億米ドルに達すると予測されています。エコシステムにおける主要プレイヤーの存在により、競合が存在する多様な市場が形成されています。産業界におけるMining 4.0への取り組みが、コネクティングマイニング市場への道を開いておりデジタルソリューションの使用を加速させるIoTの採用が、同市場を牽引しています。

COVID-19で政府によって課せられた操業停止により、一時的に鉱山を閉鎖せざるを得なかったり、少ない人員で作業したりする鉱山経営者は少なくありませでした。このような状況は、世界中の鉱業の生産性を低下させました。鉱山会社は、労働力の不足や価格ショックなどの課題に直面していました。その後、鉱業界はこの危機から回復しようとしています。産業界の焦点は、強力なオペレーション、サプライチェーンの構築、二酸化炭素排出量の削減、デジタル技術を活用した業務にあり、COVID-19が鉱業に与える影響を軽減し、労働者の健康を守るため、新たな戦略を開発に尽力しています。

政府やその他の当局は、持続可能で環境に優しい採掘戦略を開発するよう努力を続けています。製造業に原料を供給する鉱業は、COVID-19以降、急速な成長を見せ、経済の発展に貢献しています。2020年9月の世界経済フォーラムによると、国際金属鉱業評議会(ICMM)は、経済の持続可能な成長を促進し、コネクテッドマイニングを開発するための原則を作成しており、デジタルソリューションの採用が実現されるようになりました。この業界では、労働力の健康状態を把握し、資産を定期的に監視することを可能にする、コネクテッドマイニングソリューションへの需要が高まっています。

牽引要因:業界におけるMining 4.0への取り組み

現在、採掘プロセスを変革するために、Mining 4.0の導入が進んでいます。鉱山労働者の安全性、機器の持続可能性、現場や地下での意思決定など、17世紀から鉱業が直面していた課題を解決するために、ここ数十年の技術開発の結果、鉱業会社のMining 4.0ソリューションへの導入が進みました。インダストリー4.0は、ビッグデータ、IoT、5G、クラウド、AI技術に関わるマイニング4.0を可能にし、鉱業における業務の統合を実現します。その手法は、製造ユニット、研削、探査プラント、鉱山オペレーター、バックオフィスチーム、ERPなどのシステムと資産を接続するために、鉱山会社でソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)プロセスを使用して実装されます。技術の急速な進歩に伴い、デジタルソリューションが増加し、接続されたデバイスやIoTシステムの需要が高まっており、コネクテッドマイニング市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]