マグネットワイヤーの市場規模、2026年に418億米ドル到達予測

マグネットワイヤーの市場規模は、2021年の327億米ドルからCAGR5.0%で成長し、2026年には418億米ドルに達すると予測されています。同市場は、風力発電・電子機器、産業、インフラ、運輸などの業界からの需要増により成長しています。政府の景気刺激策に伴う税制優遇措置の拡大が、世界各国でマグネットワイヤー市場の成長を後押ししています。一方で、COVID-19の影響で、多くの産業の売上高が減少し、2020年のマグネットワイヤーの需要が減少しています。

牽引要因:電気自動車市場の成長がマグネットワイヤーの需要を促進

電気自動車(EV)は、より安全でクリーン、そしてエネルギー効率の高い環境づくりに貢献しています。ハイブリッド車や電気自動車の需要は拡大しており、今後数年間は高い成長が見込まれています。このような需要の伸びは、手頃な価格の製品の増加、技術の向上、より多くの電気充電器の必要性によるものです。あらゆるタイプの電気自動車は、相当量のマグネットワイヤーを必要としており、その需要拡大につながっています。ワイヤーは、バスバー、電気モーター、充電インフラ、その他の多くの用途で使用されています。銅開発協会が行った調査によると、純粋な電気自動車は固定子巻線に 1 マイル以上の銅配線を消費すると言われています。したがって、電気自動車やハイブリッド車の増産がマグネットワイヤーの需要を押し上げることになります。

市場機会:アジア太平洋地域におけるインフラ、交通、電力分野の成長

最終用途産業の成長により、アジア太平洋地域ではマグネットワイヤーの需要が増加しています。同地域では、輸送、インフラ、電力分野などの磁石線の最終用途産業が高いペースで成長しており、今後数年間、磁石線の需要を促進する上で大きな役割を果たすと予想されます。中国、日本、インドなどの国々では、自動車や電気・電子分野がマグネットワイヤー市場を牽引し、大きな割合を占めておいます。

インド政府が打ち出した製造業の改善を目的とした政策や規制は、マグネットワイヤー市場にプラスの影響を与えます。輸送、電気、電子産業の成長を向上させることで、間接的に市場参加者に業界の需要に応える機会を提供すると期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]