非晶性樹脂ポリエチレンテレフタレートの市場規模、2026年に591億米ドル到達予測

非晶性樹脂ポリエチレンテレフタレートの市場規模は、2021年の414億米ドルからCAGR7.4%で成長し、2026年には591億米ドルに達すると予測されています。非晶性ポリエチレンテレフタレートは、優れた機械的・物理的特性を備えていることから、炭酸飲料(CSD)、ジュース、水、パーソナルケア製品、医薬品などの包装に使用されるようになってきており、医薬品や食品・飲料など、さまざまな最終用途産業で使用されています。また、企業の生産拠点がアジア太平洋地域にシフトしていることも、非晶性ポリエチレンテレフタレート需要の増加に寄与しております。非晶性ポリエチレンテレフタレートの主な用途は、ボトル、フィルム/シート、食品包装です。

COVID-19の非晶性ポリエチレンテレフタレート市場に対する影響

COVID-19ウイルスは2020~2021年度に少なくとも0.5%~1.5%の世界経済成長にマイナスの影響を与えていましたが、主要国による規制の縮小により、経済は回復しつつあります。感染症の急速な拡大は生命と生活を脅かす問題であり、世界的な対応が求められています。このような状況は、需要と供給の両方に影響を与え、非晶性ポリエチレンテレフタレートの供給にも影響が及んでいます。

硬質プラスチック包装材サプライヤーの課題への取り組みは、ウェブサイトやソーシャルメディアを通じて情報が提供されており、エンドユーザーを安心させるための解決策を見出そうとしています。

牽引要因:食品・飲料業界からの需要増

ライフスタイルの変化に伴い、包装された食品の需要が世界的に高まっています。非結晶性ポリエチレンテレフタレートは、食品や飲料の包装に広く使用されており、高い強度と剛性、クリアな視認性、低クリープ特性により、食品包装用途に最適な材料です。食品・飲料業界は、非晶性ポリエチレンテレフタレート製ボトルの最大のエンドユーザーです。この最終用途産業における非晶性ポリエチレンテレフタレートの使用の増加が、世界市場の成長に拍車をかけています。

さらに、食品・飲料業界では、飲料パッケージにさらなる特性を持たせるために使用されています。多様な用途で非晶性ポリエチレンテレフタレートが使用されるようになり、さまざまな最終用途産業からの需要が高まっており、市場の拡大が期待されます。高い可処分所得、急速な都市化、ライフスタイルの変化などが、世界の食品・飲料産業の成長に寄与する要因であり、原動力となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]