細胞培養用培地の市場規模、2026年に103億米ドル到達予測

細胞培養用培地の市場規模は、2021年の49億米ドルからCAGR16.0%で成長し、2026年には103億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、製薬会社における研究開発費の増加、細胞ベースのワクチンのための新たな細胞培養技術、モノクローナル抗体の需要増加、幹細胞研究の成長、市場プレーヤーによる新しい細胞培養用培地の発売、個別化医療への注目の高まりなどが主な要因となっています。一方、高価な細胞生物学研究用製品や細胞生物学研究に関する倫理的な懸念は、同市場の成長を妨げると予想されます。

COVID-19が細胞培養用培地市場に与える影響

COVID-19パンデミックの状況下で、既存の製薬会社やバイオ医薬品会社、小規模なスタートアップ企業が、COVID-19感染症を標的とした治療法やワクチンの開発に名乗りを上げています。また、世界各国の政府機関がワクチン開発・製造を強化したことで、COVID-19研究用の細胞培養用培地の採用が増加しました。病気の進行過程における免疫反応をよりよく理解し、深刻な病状の患者への適切な治療介入が急務となっています。

製薬会社やバイオテクノロジー会社は、このウイルスに対するワクチンや薬剤を開発するために、研究開発の規模を拡大しています。製薬会社やバイオテクノロジー企業、研究所、学術研究機関におけるワクチン関連の研究活動は必要不可欠と考えられており、業務や生産活動はパンデミックの影響をほとんど受けませんでした。細胞培養は医薬品の開発・製造に不可欠であり、細胞培養用培地を含む細胞培養製品の需要が高まっています。

牽引要因:細胞培養技術による細胞ベースのワクチンの開発

製薬業界では、ワクチン製造において細胞培養が重要な位置を占めるようになりました。細胞培養技術は、ロタウイルス、ポリオ、天然痘、肝炎、風疹、水痘などのワクチン製造に利用されています。また、細胞培養を用いたインフルエンザワクチンは、米国や欧州の多くの国で使用が承認されています。

以前は、ワクチンは鶏卵の中でウイルスを増殖・採取して製造されていましたが、これは時間のかかるプロセスでした。一方で、細胞培養を用いたワクチン製造は、はるかに効率的です。従来の製造方法と比較すると、リードタイムが短く、需要に応じて大量にワクチンを製造することができるという利点があります。さらに、細胞培養ベースのワクチンは長期間の保存が可能です。CDCがJournal of Infectious Diseases誌に発表した研究(2020年6月)によると、65歳以上のメディケア受給者において、細胞ベースのワクチンは標準用量の卵ベースのワクチンよりもインフルエンザに対して大きな予防効果を発揮しました。2020年から2021年のインフルエンザシーズンでは、フルーセルバックス4価に使用されている4種類のインフルエンザウイルスは、すべて細胞由来でした。近年、細胞由来のワクチンが急増しており、この機会を生かそうと著名な企業が細胞由来のワクチン開発に取り組んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]