ガスエンジンの市場規模、2027年に58億米ドル到達予測

ガスエンジンの市場規模は、2022年の48億米ドルからCAGR4.1%で成長し、2027年には58億米ドルに達すると予測されています。クリーンで効率的な発電技術に対する需要の高まり、分散型発電システムの利用増加、排出ガス規制の強化などが、ガスエンジン市場の推進要因となっています。

COVID-19がガスエンジン市場に与える影響

COVID-19は、世界経済とエネルギー部門に壊滅的な打撃を与え、サプライチェーンを混乱させると同時に、需要を低迷させました。COVID-19の大流行は、世界の医療分野のみならず、世界経済にも影響を与え、造業、発電、再生可能エネルギー、原子力、石油・ガスなど、さまざまな産業分野に多大な経済的影響を及ぼしています。

2021年12月、世界では新しいウイルス変種による新規感染者が再増加し、「オミクロン」と呼ばれる新型は、101カ国以上に広がり、再び規制強化が懸念されるようになりました。しかし、今回は、ワクチン接種により重症化を防ぐことができ、入院の必要性も減少しています。

牽引要因:クリーンで効率的な発電技術に対する需要の高まり

世界のエネルギー消費量は、過去10年間で大幅に増加しました。この増加は、アジア太平洋地域の経済成長に起因しています。天然ガスは、経済が再生可能エネルギーやその他のクリーンエネルギーソリューションに移行していく中で、エネルギー需要を満たすための移行燃料となる可能性があり、2020年の一次エネルギー消費量の約25%を占め、今後も増加すると予測されています。天然ガス火力発電所は安価で建設が容易であり、天然ガス燃焼に使用するエンジンは、クランクケースのエンジンオイルを煤で汚すことがなく、クリーンな燃焼を可能にしました。そのため、石油や石炭火力に比べ、一酸化炭素(CO)、二酸化炭素(CO2)、硫黄酸化物(SO)、窒素酸化物(NO)の排出量はごくわずかです。また、天然ガス火力発電所は、熱力学的な効率も高く、石炭の代わりに使用することで、大気環境が改善される傾向があります。

コージェネレーション、トリジェネレーション、クワッドジェネレーションの用途は、ガス火力発電所の効率をさらに向上させています。コージェネレーションやトリジェネレーションシステムは、米国、イギリス、ドイツ、アイルランドなどの先進国で使われており、発展途上国でも二酸化炭素排出量を削減するために、これらのシステムを採用することが予測されます。クリーンで効率的な発電技術への需要の高まりは、今後のガスエンジン市場を押し上げると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]