シクロペンタンの市場規模、2026年に4億3,000万米ドル到達予測

シクロペンタンの市場規模は、2020年の2億7,200万米ドルからCAGR7.8%で成長し、2026年には4億3,000万米ドルに達すると予測されています。シクロペンタンは、家庭用冷蔵庫、業務用冷蔵庫、断熱容器やシッパー、断熱建材、電気・電子など、さまざまな用途で使用されています。

COVID-19のシクロペンタン市場への影響

COVID-19パンデミックは、2020年のシクロペンタン市場の要素に影響を与えると推測されます。シクロペンタンは、冷蔵庫、断熱容器やシッパー、断熱建材、電気・電子機器、パーソナルケア製品、燃料や燃料添加剤など、さまざまな最終用途産業で使用されています。COVID-19の流行を受けて、消費者は食糧など必需品を自宅で保管するようになり、人々が自宅に滞在することで、家庭用冷蔵庫の需要の増加につながりました。

牽引要因: HCFCの85%削減を目指す段階的廃止

HCFCはODP(オゾン破壊係数)が低いため、CFCの中間代替品として定着しています。しかし、途上国では、2013年1月1日からHCFC141bの消費量に上限が設けられ、2030年まで徐々に削減される予定です。モントリオール議定書は、オゾン層を破壊するCFCとHCFCの利用を段階的に削減し、技術移転と資金援助など有効な手段を提案することによって、地球のオゾン層保護を目指した解決策です。HCFCの完全な段階的廃止により、発泡剤としてのシクロペンタンの需要の促進が期待されます。

市場機会:建設、自動車、家電産業における発泡剤使用の増加

発泡剤の使用は、建設、自動車、家電の最終用途産業で増加しています。これは、発泡剤の断熱および物理的統合などの特性により、ポリウレタンフォームの処方に使用されることが主な理由です。シクロペンタンの需要は、欧州とアジアの家電産業でも増加しています。これらの産業の成長は発泡剤の需要を促進し、シクロペンタンの使用も増えることが予想されます。

課題:シクロペンタンの燃焼性

シクロペンタンは可燃性の化学物質であり、発泡剤として使用する際に様々なリスクを伴います。この製品を使用する際には、厳しい規制に従わなければなりません。その可燃性はユーザーやメーカーにとって懸念材料となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]