相変化材料の市場規模、2026年に10億400万米ドル到達予測

相変化材料の市場規模は、2021年の4億7,700万米ドルからCAGR16.0%で成長し、2026年には10億400万米ドルに達すると予測されています。相変化材料は、物理的な状態を変化させることで、一定の温度で大量の熱を吸収・蓄積・放出する化合物で、凍結すると大量のエネルギーを潜熱として放出し、融解すると環境から大量の熱を吸収します。

 相変化材料は、設定した温度で液化・固化することで熱を吸収・放出します。相変化材料が持つ自然の潜熱特性は、構造物の温度を維持し、外部からの急激な温度の変化を防ぐのに役立ちます。周囲温度の変動が相変化材料を再充電するため、日常的な用途に適しており、温室効果ガス排出削減のための高い規制が、相変化材料市場の成長に拍車をかけています。一方、認知度の低さと可燃性が市場の成長を妨げています。相変化材料市場は、タイプ(有機、無機)、用途(HVAC、コールドチェーン&パッケージング、繊維、エレクトロニクス、熱エネルギー貯蔵、冷蔵&設備、その他)に基づいて分類されています。

COVID-19が相変化材料市場に与える影響

相変化材料産業は、パンデミックによってマイナスの影響を受けています。また、ウイルスの蔓延を抑制するために、ロックダウンが行われ、需要と供給のサプライチェーンは、混乱に陥りました。製造装置、インフラプロジェクト、鉱業の産業活動は、その後2年間停止しました。

相変化材料で必要とされる原材料価格の変動は、市場の成長を妨げています。企業は、近い将来、状況が正常に戻り、市場が回復することを期待しています。中国、米国、その他の国々は、通常の事業を継続するための準備を始めています。

牽引要因:温度制御のための相変化材料使用の増加

相変化材料市場の成長は、温度制御のための使われる用途の増加に牽引されています。建築物に相変化材料を使用することで、室内の温度調節が可能になります。日中と夜間の環境温度の変化を利用して材料の相を変化させ、その過程でエネルギーを放出・吸収します。相変化材料を用いた温度調節により、室温維持のための冷暖房機器の負荷が軽減されます。

抑制要因:相変化材料の使用を制限する意識の欠如

相変化材料業界が直面している大きな問題は、相変化材料の利点に関する認知度の低さです。相変化材料を販売する企業は、自社製品とその使用で得られる利点に関する認知度を高めようとしています。政府もまた、規制や補助金を通じて、相変化材料の認知度を高めるため、重要な役割を担っています。省エネルギーや温室効果ガスの排出量の少なさなど、その利点は、相変化材料の需要を増加させる可能性があります。中国やオーストラリアなどの一部の国では、間接的な規制や政策によって、エネルギー消費、温室効果ガス、運用コストを削減するための代替案として相変化材料に対する認識が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]