Wi-Fi as a Service (WaaS)の市場規模、2026年に101億米ドル到達予測

Wi-Fi as a Service (WaaS)の市場規模は、2021年の40億米ドルからCAGR20.1%で成長し、2026年には101億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、Wi-Fiインフラの所有コストを削減する組織の要件に起因すると考えられます。エコシステムにおける多くの主要プレイヤーの存在が、競争の激しい多様な市場へと導いています。WaaS市場の成長を促進する主な要因としては、高速かつ広範囲なネットワークカバレッジに対する需要の増加、Wi-Fiインフラの管理とそのリモートトラブルシューティングの容易さ、組織におけるBYODおよびCYODトレンドの採用の増加などが挙げられます。また、スマートシティへの投資の拡大も、世界的なWaaS市場の成長を後押ししています。スマートシティプロジェクトの成功により、データ通信、クラウド、モビリティ、センサーなどの新技術で構成されるIoTへの依存度が高まっています。Wi-Fiサービスの大手プロバイダーの1つであるCommScope(ラッカスネットワークス)によると、インドでは政府関連からのWaaSに対する需要が急速に高まっており、全体の収益に大きく貢献していると言われています。

COVID-19の状況下において、ITおよび通信セクターは、各国のデジタルインフラをサポートするために世界的に重要な役割を果たしています。連邦、州、中央、地方、州レベルにかかわらず、すべての個人と政府は、COVID-19に関するリアルタイムの情報を提供し、取得するために、互いに常に連絡を取り合ってきました。医療、通信、公共事業、政府の各セクターは、状況を安定させ、すべての人に必要なサービスを提供するために機能しています。COVID-19の感染者数は日々増加しており、個人およびあらゆる規模の企業に多大な影響を及ぼしています。製造業、自動車、繊維、輸送・物流、旅行・接客業、消費財などの中核産業が、国レベルの封鎖を行っています。これは、GDPの減少という形で世界経済に大きな影響を与えることになります。

COVID-19に直面した国家の状況において、Wi-Fiネットワークは重要な役割を果たしました。遠隔地で働く人々の接続デバイスの増加に伴い、家庭内でのWi-Fiアクティビティが増加しました。しかし、喫茶店、ホテル、空港などの公共の場でのWi-Fi利用は、避難命令により減少しています。また、世界的なリモートワークの増加に伴い、企業内接続ネットワークでの利用が増加し、Wi-Fi市場にはマイナスの影響が現れています。パンデミック後のシナリオでは、企業クラスでの高密度のWi-Fiソリューションの採用が進むと予想されます。

牽引要因:企業におけるデジタルトランスフォーメーションへの取り組み

技術の急速な進歩に伴い、デジタルソリューション、コネクテッドデバイス、IoTシステムなどが増加しており、WaaS市場の成長の成長を支えています。携帯電話加入者数は、今後数年間で大幅に増加することが予想されます。GSMA(Global System for Mobile Communications)のMobile economy 2021レポートでは、2020年末のモバイルサービスの加入者数は約52億人とされており、スマートフォンの利用者が増えるにつれ、遠隔地で業務を行う人が増えます。世界中の企業は、革新的で魅力的な方法で顧客を取り込むために、各業界に先進的なアプリケーションを導入しており、無線ネットワーク接続の必要性が高まっています。さらに、組織のニーズを最大限に満たすためには、ネットワークのパフォーマンスと費用対効果を最適な状態に保つ必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]