後方散乱X線検査装置の市場規模、2027年に1億7,400万米ドル到達予測

後方散乱X線検査装置の市場規模は、2021年の1億3,200万米ドルからCAGR4.6%で成長し、2027年には1億7,400万米ドルに達すると予測されています。同市場の成長を促す主な要因は、テロ攻撃や不法移民の増加、公共の人が集まる場所でのセキュリティソリューション展開の増加、麻薬密輸の増加、乗客の待ち時間の短縮化などが挙げられます。

COVID-19の後方散乱X線検査装置市場への影響

後方散乱X線検査装置市場には、Rapiscan Systems米国Nuctech Company Limited (中国)、 Viken Detection (米国)、LAURUS Systems, Inc. (米国)、 Scanna MSC Ltd. (米国)、 Autoclear LLC(米国)、Tek8, Inc. (米国)などの主要Tier IおよびTierIIメーカーと販売業者が含まれています。これらの企業は、北米、欧州、APAC(アジア太平洋)、RoW(その他)のさまざまな国に製造施設を展開しており、COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えました。

牽引要因:テロ攻撃と不法移民の増加

ここ数年、不法移民やテロ事件の増加により、後方散乱X線検査装置などのセキュリティ検査装置の需要が高まっています。グローバルテロデータベース2020によると、2019年には世界中で約8,500件のテロ攻撃が目撃され、加害者5,460人、被害者14,840人を含む20,300人以上の死者が報告されています。

犯罪行為やテロ事件の増加により、資産や人命の安全・安心に対する懸念が高まっています。X線バゲージスキャナーは、手荷物の全体像をX線で撮影し、手荷物の中に禁制品がないことを確認することで、不法行為を防止します。各国政府は、高度なセキュリティ検査ソリューションの利用を重視しており、後方散乱X線検査装置の需要を高めています。この装置の導入により、空港をはじめとする機密性の高い入国エリアにおける安全性が向上しています。

抑制要因:導入に伴うプライバシーに関する懸念

先進国の乗客の多くは、健康やプライバシーへの懸念からスキャンを受けたがらない人が多くいます。後方散乱X線検査は、衣類を容易に透過するため、空港や他のセキュリティチェックポイントでの手動検査に代わる技術として登場しましたが、乗客のプライバシーに関する懸念が生じています。乗客の多くは、スキャンした画像を職員が見ることで、医療上の機密情報を侵害されるのではないかと考えています。例えば、人工肛門用バッグを使用している場合、手足が不自由な場合、義肢を装着している場合、トランスジェンダーである場合などが考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]