アドバンスドアナリティクスの市場規模、2026年に898億米ドル到達予測

アドバンスドアナリティクスとは、複雑な技術を用いてデータを高度に分析し、トレンドやイベントを予測することを言います。MLやAI技術、複雑な統計分析やアルゴリズムなどの最先端のツールを使用して、ビッグデータを検証し、パターンを特定してより深い洞察を見出します。高度なアナリティクスでは、定量的および定性的な手法を用いて、関係性、トレンド、相関関係、外れ値を明らかにします。同時に、データマイニング、ML、コホート分析、クラスター分析、リテンション分析、複合イベント分析、予測分析、回帰分析、センチメント分析、時系列分析などをカバーしています。

アドバンスドアナリティクスの市場規模は、2021年の338億米ドルからCAGR21.6%で成長し、2026年には898億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長を促進する主な要因は、パーソナライズされた顧客体験を提供するためのMLやAIの登場と、パンデミック時の不正行為を未然に防ぐ必要性の高まりにあります。インターネットの普及に伴い、接続技術や統合技術の利用が増加し、COVID-19の拡散を追跡・監視するためのリアルタイム分析ソリューションへの需要が高まっていることが、アドバンスドアナリティクスサービスに付加価値を与える主な要因となっており、多様な垂直軸で事業を展開する企業に市場機会を提供することが期待されています。最近では、ベンダーがSaaS(Software-as-a-Service)を活用してクラウドベースのソリューションを提供しているため、クラウドの導入が進んでいると言われています。ビジネスユーザーは、最も効果的かつ経済的なソリューションを提供しているかどうかを常に気にかけており、クラウドベースのソリューションは、運用中のIT業務を他社に委託することもできます。一方で、複雑なデータエコシステムがデータ漏洩やセキュリティ問題を引き起こしていることや、従業員にアドバンスドアナリティクスの知識がないことが、全体的な成長を妨げる可能性があります。

COVID-19パンデミックにより、多くの企業が先進的なアナリティクスやAIソリューションの利用を開始し、デジタルチャネルを通じた顧客の獲得、脆弱で複雑なサプライチェーンの管理、仕事や生活に支障をきたす労働者のサポートなど、革新的な戦略を導入しています。企業は、遅れている情報に頼るのではなく、新しい洞察を得られる方法が必要であり、新たなデータソースや既存のデータを新たな方法で活用することが必要となります。例えば、従来、信用スコアを使ってリスクを分析していた銀行では、代わりに顧客口座データを利用することで、預金残高のギャップを把握することができる可能性があります。今回の危機では、最先端の分析技術の一つが、周期的に繰り返される行動やパターンの原理に依存していることも明らかになりました。データアナリティクスの利用で顧客に利益をもたらす多くの企業は、すべての部門で成長しています。ウイルスの影響を受ける部門でも、マーケティング、財務、中小企業の顧客サービスのユースケースが驚くべき成長を見せています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]