化学物質および金属に対する携帯型探知機の市場規模、2027年に41億米ドル到達予測

化学物質および金属に対する携帯型探知機の市場規模は、2022年の23億米ドルからCAGR12.4%で成長し、2027年には41億米ドルに達すると予測されています。市場成長の主な要因としては、化学物質や爆発物によるテロ脅威の高まりと、各国政府の環境と安全確保のための厳しい規制などが挙げられます。

COVID-19が化学物質および金属に対する携帯型探知機市場に与える影響

COVID-19パンデミックの発生と拡大は、2020年の化学物質および金属に対する携帯型探知機市場にマイナスの影響を与え、その出荷が減少しました。その結果、収益が減少し、2020年前半の市場は低成長傾向となりました。この傾向は、2021年の第1四半期まで続きました。

COVID-19以降、化学物質および金属に対する携帯型探知機市場は、政府の規制が厳しくなりました。法執行機関・法医学部門、軍事・防衛、税関・国境などの主要なエンドユーザーによる需要が増加したため、安定した成長が見込まれます。

牽引要因:各国政府による厳しい規制

政府の規制は、化学物質および金属に対する携帯型探知機市場の成長に重要な役割を果たしています。ニトログリセリン、オクトーゲン、アジドアジドなどの化学物質には、毒性や爆発性が高いものがあります。有害な化学物質にさらされると、短期的および長期的にさまざまな健康被害が生じる可能性があります。人命や環境を守るために、OSHA(Occupational Safety and Health Administration)、NIOSH(National Institute for Occupational Safety and Health)、EPA(Environmental Protection Agency)などの管理機関が、これらの化学物質の製造や使用を規制するガイドラインを定めています。

OSHAは、その公布と施行を担当しており、その指令により、オクトーゲンの許容暴露限界(PEL)は8時間の時間加重平均(TWA)となっています。また、NIOSHには安全衛生基準を推奨する責任があり、その指令によれば、オクトーゲンの推奨暴露限度(REL)は10時間TWAとなっています。すべてのメーカーとエンドユーザーは、これら当局が定めた規制に従う必要があります。GxPガイドラインと規制は、バイオ/医薬品が安全で、意図された用途を満たし、製造、管理、保管、流通の過程で品質プロセスを遵守することを保証するために、米国食品医薬品局(FDA)によって課されています。

そのため、製薬会社は、医薬品の製造プロセスを進める前に、原材料や成分の識別、検査、拒否または承認を行うために、化学物質および金属に対する携帯型探知機を必要としています。また、化学品や医薬品などのエンドユーザー産業では、安全対策、生産時に発生する危険な状態への対応、漏洩、流出、および職場で発生した有害化学物質による死傷者などに関するデータをEPAに提出することが求められています。このように、各国政府が労働者の安全を確保するために厳しい規制を設けていることから、化学・医薬品業界では携帯型化学検知器の需要が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]