エッジデータセンターの市場規模、2026年に191億米ドル到達予測

エッジデータセンターの市場規模は、2021年の72億米ドルからCAGR21.4%で成長し、2026年には191億米ドルに達すると予測されています。COVID-19の大流行により、ユーザーが拡張性やコスト削減などのフィールドサービスソリューションの利点を活用しようとする動きが見られるようになり、エッジデータセンターソリューションの採用が業種を問わず活発化しています。世界的な経済減速にもかかわらず、COVID-19パンデミックによる悪影響を受けることなく、約50%のサブスクリプション企業が同様のペースで拡大しています。

COVID-19のエッジデータセンター市場に対する影響

COVID-19パンデミックにより、製品やサービスの売買方法に大きな変化が生じています。大企業や中小企業を含む多くの調査・研究機関では、ロックダウン以降、マーケティング費用を増やしています。このパンデミックは、個人や企業など、社会のあらゆる層に影響を与えています。

まず、そのポジティブな影響には、製造業、エネルギー・公益事業、輸送・物流など、さまざまな業種におけるコンプライアンスの義務化が、遠隔操作への足掛かりを与えています。例えば、Ford、GM、Fiat、Chryslerなどの自動車メーカーでは、北米や欧州の施設を閉鎖し、遠隔監視をサポートするエッジ・コンピューティング・ソリューションへの需要が高まっています。IoTや5Gなどの技術は、エッジコンピューティングとともに、COVID-19関連のリスクや顧客の期待に取り組むことを可能にします。ソフトウェアアプリケーション、遠隔医療プログラム、患者データを利用した診断機器などにより、医療関係者が患者に迅速かつ効率的にアプローチできるようになります。エッジコンピューティングは、ストリーミングサービスがエンドユーザーに提供するネットワークパフォーマンスを向上させることを可能にします。これは、大規模なデータセンターがある大都市以外の場所に隔離されている人たちにとっても有益です。エッジコンピューティングは、ネットワークパフォーマンスを向上させ、エンドユーザーの遅延問題を軽減することで、在宅勤務をより容易にします。

牽引要因:産業界におけるIoTの普及

IoTの普及に伴い、データ量が大幅に増加しているため、企業は集中型のクラウドコンピューティングやストレージソリューションへの依存度を高めています。世界のIoTソリューション・サービス市場は、2020年から2025年までの期間、14.9%の二桁のCAGRで推移すると予想されています。ある調査によると、アクティブなIoTデバイスの数は、2025年までに310億個に増加すると予想されています。さらに、Accenture社は、IIoTが2030年までに世界経済に14.2兆米ドルをもたらすと予測しています。ITインフラ全体をクラウドに移行すると、遅延や経済的な実現性の問題が生じます。そのため、IoTセンサーやアクチュエーターなどのIoTデバイスを使用する企業は、エッジノードやデバイス、ハイパーローカライズされたデータセンターなどのエッジコンピューティングソリューションを一層必要とするようになっています。エッジコンピューティングは、既存のクラウドパラダイムを補完し、データソースに近いところでのデータ処理を容易にすることで、組織の意思決定のスピードアップを可能にします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]