スタッカークレーンの市場規模、2027年に14億4,200万米ドル到達予測

スタッカークレーンの市場規模は、2021年の9億7,600万米ドルからCAGR6.7%で成長し、2027年には14億4,200万米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、製品の複雑化、スマートロジスティクスへのニーズの高まり、良好な投資収益率、スペースの有効活用、オンラインプラットフォームを通じた消費者の増加などの要因に牽引されています。スタッカークレーン市場は今後も大きな成長が見込まれています。

COVID-19がスタッカークレーン市場に与える影響

COVID-19の流行により、電子商取引プラットフォームでのショッピング需要の増加が予想され、小売業者は急増する需要に対応するために自動化ソリューションへの投資を求められています。また、将来的にサプライチェーンの混乱から身を守るために、電子商取引、小売、ヘルスケア、食品・飲料などの業界における保管・検索の自動化ソリューションを導入する企業の拡大が考えられます。一方、各国でロックダウンが実施されていることから、市場関係者の資金繰りが厳しくなっています。半導体・電子機器製造業のカーブも平坦化しており、機械産業の規模は縮小していますが、今後の安定が期待されています。自動車、金属・重機械、航空、半導体・電子産業などの製造業を中心とした産業の生産は停止または減速していますが、2020年以降、減少傾向にあったスタッカークレーンの需要も、電子商取引や小売業の成長により、勢いを増すと予想されます。

牽引要因:ASRS(自動倉庫・検索システム)の需要増加

スタッカークレーンは、ASRS(自動倉庫・検索システム)の重要な構成要素です。ASRSは、あらかじめ定義された場所へのアイテムの正確な保管、アイテムの取り出し、特定の処理ポイントやインターフェースポイントへの商品の移送など、基本的な操作に人間が介在する必要がありません。そのため、ASRSを導入することで、労働者にかかるコストを削減し、スペースを有効活用することができます。倉庫の賃料が上昇し、倉庫の稼働率が低下していることから、ASRSシステムの導入が進むと予想されます。

抑制要因:高い統合コストとスイッチングコスト

スタッカークレーンを導入する際の初期費用は高額です。また、このシステムの設定は正確でなければならないため、熟練した労働力を必要とします。さらに、サブシステムを維持・更新するための継続的なコストも高くつきます。このような巨額の投資を行うことは、中小企業にとっては困難です。自動倉庫・検索システムの初期費用は、スタッカークレーン、ストレージユニット、ラックなど、かなり高額になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]