UDテープの市場規模、2026年に3億3,200万米ドル到達予測

UDテープ(一方向テープ)の市場規模は、2020年の1億9,400万米ドルからCAGR11.4%で成長し、2026年には3億3,200万米ドルに達すると予測されています。同市場は、高機能素材の需要の高まりを背景に成長しています。

COVID-19のUDテープ市場への影響

COVID-19パンデミックは、世界の航空宇宙産業に波紋を広げ、国境や製造施設を越えて材料や部品を移動させるグローバルサプライチェーンに影響を与えました。その結果、原材料の遅延や未到着、資金の流れの混乱、生産ラインでの人手不足などが発生しました。これらの要因は、世界最大の民間航空機メーカーであるBoeing社とAirbus社、およびそれらのサプライヤーに影響を与えています。Boeing社の2020年1月、Airbus社の2020年2月の受注はゼロでした。UDテープの主要な最終用途産業である航空宇宙・防衛産業の損失は、UDテープ市場に直接影響を与えました。

牽引要因:航空機の一次構造および二次構造におけるUDテープの使用の増加

車両の軽量化と燃料効率の向上が、航空宇宙・防衛産業におけるUDテープの使用を促進する主な要因です。UDテープは重量に対する強度が高いため、より効率的な構造や空力設計が可能になります。また、高い疲労耐性を持ち、構造部品の強度を向上させるため、従来のジェット旅客機よりも大きな搭乗窓や低いキャビン高度の製造が可能になります。

世界的な航空旅客数の増加に伴い、航空機の生産量も増加しています。新しい航空機の需要は、先進国からAPAC(アジア太平洋)、南米、アフリカなどの新興市場へと徐々に移行していきます。民間航空機分野では、北米での航空機納入数が最も多く、次いで欧州、APAC、南米、中東の順となる見込みです。

炭素繊維を使用したUDテープは、その高い強度と剛性により、主に航空機に使用されています。UDテープの主な用途は、固定翼の胴体、ドライブシャフト、翼のスパー、翼のスキン、貨物用フロアパネル、ファンブレード、テールブーム、リブスティフナー、コンジット、ブラケットなどです。Boeing社やAirbus社による航空機設計のパラダイムシフトにより、すべてのワイドボディ航空機の主要構造に複合材が検討されるようになりました。そのため、UDテープの需要は急速に高まっています。

抑制要因:リサイクルの問題

企業は地球温暖化の影響を軽減しようとしており、温室効果ガスの排出を削減するためにUDテープの可能性を模索しています。しかし、ガラス繊維のリサイクルが困難であることは、特にリサイクルへの圧力が高い建築や自動車の分野では障害となっています。

欧州複合材料産業協会(EUCIA)は、ガラス繊維強化プラスチックと炭素繊維強化熱可塑性プラスチックはリサイクル可能であり、欧州連合(EU)の法律と米国の厳しい規制に準拠しているとしています。しかし、現在、複合材のリサイクル施設はドイツにしか存在せず、他国の企業にとってUDテープのリサイクルは今後の課題となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]